スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】乾緑郎「完全なる首長竜の日」

1月30日(月)、文庫本で「完全なる首長竜の日(乾緑郎)」を読み終わる。

★★★★★★★☆☆☆(7)【2012年小説2作品目】

俺好みの内容。夢か現実か区別がつかない話。胡蝶の夢。
文章ならではの展開も良い。「読書メーター」(読書感想まとめHP)で和製インセプションと評されてたのも納得。

植物状態になった患者と、コミュニケートするための医療器具「SCインターフェース」が開発された日本を舞台にしたミステリー。

第9回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞受賞作。
第4回の同コンテストで大賞を受賞した海堂尊の『チームバチスタの栄光』以来の満場一致での大賞受賞作となった。(Wikipedia)

スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。