スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】「世界侵略: ロサンゼルス決戦」

9月28日(水)、映画館で「世界侵略: ロサンゼルス決戦」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画44作品目】

品川プリンスシネマにてプレミアム席で朝9:35から鑑賞。2500円。
迫力はあったけど、ストーリーは普通。それでもたまに観たくなりそうな作品。


原題:「Battle: Los Angeles」、北米以外では「World Invasion: Battle LA」
公開:2011年 アメリカ

ロサンゼルスに襲来した謎の地球外生命体にアメリカ海兵隊が立ち向かうアクション映画。この映画は1942年にロサンゼルスで起きた、アメリカ軍が日本海軍機と思われる飛行物体に対して攻撃を行った「ロサンゼルスの戦い」を題材として書かれたフィクションで、アクション映画であると同時にモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)映画としての要素も含まれている。

監督のジョナサン・リーベスマンのよると、本作は戦争映画のスタイルでエイリアン侵略を描くため、『ブラックホーク・ダウン』、『プライベート・ライアン』、『ユナイテッド93』からインスピレーションを得ているという。またリーベスマンは、映画の外観のためにファルージャで戦う海兵隊のYouTubeビデオからインスピレーションを得た。結果、ハンドヘルドカメラ・スタイルで撮影され、監督は観客が画面酔いをするのを考慮し、3D撮影は断念された。(Wikipedia)
※2011/10/09 20時27分59秒投稿
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。