スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】「SUPER8/スーパーエイト」

9月16日(金)、台湾からの帰国中、機内で「SUPER8/スーパーエイト」 を観る。日本語吹替版。

★★★★★★☆☆☆☆(6) 【2011年映画43作品目】

機内で声が聞こえにくく、充分楽しめなかった。ストーリーは驚くほど普通。

ヒロインのエル・ファニングは一時期、天才子役と言われたダコタ・ファニングの妹だと。

結構、知ってる映画出てた。
「デジャヴ」(アビー役) 、「バベル」(デビー役)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(6歳の頃のデイジー役)


原題:「Super 8」 公開:2011年

1979年のオハイオ州。ある夜、主人公・ジョー・ラムを含む六人は、自主制作のゾンビ映画を作るため、スーパー8mmカメラを持って線路のすぐ近くで撮影をしていた。しかし、映画の撮影中に線路上でアメリカ空軍の物資を運んでいた貨物列車と線路を走っていた一台の車が激突し、後の大事故となる。

電車に衝突した車の運転手、ジョー達の通う学校の生物教師であるウッドワードは、ジョー達に「今見たことを決して誰にも言ってはいけない。そうしなければ君達と、君達の親も殺される」と意味深な言葉を残したが、その言葉の真意はわからないまま時間は過ぎていった。そして、その夜から街では、住民が失踪、犬が逃げ出す、停電が続くなどの奇怪な事件が続出し、仲間のアリスも何者かに攫われてしまった。(Wikipedia)
※2011/10/09 1時13分25秒投稿
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。