スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】樋口有介「苦い雨」

9月1日(木)文庫本で「苦い雨(樋口有介)」を読み終わる。

★★★★★★★☆☆☆(7)【2011年小説12作品目】

日本の中年男のハードボイルド系は、たまに読みたくなる。「いい女」は実在するのかね。


零細業界誌の社長兼編集長・高梨は、禁煙運動にも、躰が汗臭くなることにも、夫婦の危機にも、無難な中年男になることにも抵抗しているタフな男。ある夜、その高梨のもとに1本の電話が舞い込んだ。かつて彼が在籍した会社のスキャンダルを握る女が、忽然と姿を消したという。100万円の謝礼で女の行方を追ううちに会社乗っ取りの構図が姿を現し、高梨の家族にも危害が及ぶようになった。果たして、この仕事の収支は償うのか…。(amazon)
※2011/10/08 22時41分05秒投稿
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。