スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【game】アプリ「Clash of Clans」クラン No.1

10月31日(木)、iPhoneアプリ「Clash of Clans」でクランの1位になる。嬉しいもんだ。
スポンサーサイト

【ジム】●回目 9月22日(日)


計6.96km走行&歩行(内5km走行)
計564kcal。73.75kg。

②【ジム】●回目 10月6日(日)


2



【ジム】●回目 10月6日(日)


計11.01km走行&歩行(内5km走行)
計953kcal。73.4kg。

【game】アプリ「Clash of Clans」LV.7

10月12日(土)、iPhoneアプリ「Clash of Clans」でタウンホールがレベル7に。
めっちゃ敵にお金取られるようになった。防衛施設が離れているのが原因か。

②【映画】「めまい」






【映画】「めまい」


10月10日(木) 、録画した「めまい」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2013年映画 ●作品目】

NHK BSプレミアムで放送したもの。
ヒッチコック監督の中でも名作と言われる作品。なぜか観てなかった。
期待してたほど面白くないけど、それは俺が昔より感受性が衰えたからかも。よく出来てる作品。

「12モンキーズ」に出てくる木の年輪のシーン。15年振りくらいでやっとオリジナルを観れた。

原題: Vertigo
監督: アルフレッド・ヒッチコック
原作: ボワロー=ナルスジャック
出演: ジェームズ・ステュアート/キム・ノヴァク
公開: 1958年 アメリカ
製作費: $2,479,000

ジョン・ファーガソン刑事は、犯人を追う途中に同僚を死なせてしまったショックで、高所恐怖症によるめまいに襲われるようになり、警察を辞めてしまう。そこへ学生時代の友人エルスターが現れて、何かに憑かれたかのように不審な行動する妻マデリンを調査してほしいという。スコティはマデリンを尾行するうちに、彼女の先祖であり過去に不遇の死を遂げた人物、カルロッタの存在を知る。カルロッタは髪型から首飾りまでマデリンそっくりであり、後にスコティはエルスターに、マデリンはカルロッタの亡霊に取り憑かれていると聞かされる…。(Wikipedia)

②【映画】「知りすぎていた男」





【映画】「知りすぎていた男」


10月9日(水) 、録画した「知りすぎていた男」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2013年映画 ●作品目】

NHK BSプレミアムで放送したもの。

原題: The Man Who Knew Too Much
監督: アルフレッド・ヒッチコック
出演: ジェームズ・ステュアート/ドリス・デイ
公開: 1956年 アメリカ
製作費: $2,500,000
興行収入: $10,250,000

イギリス時代、1934年制作の『暗殺者の家』のリメイク。
当時仏領のモロッコへ息子連れで観光にきていたマッケナ一家は、謎のフランス人ベルナールと昵懇になるが、スパイであった彼は「アンブローズ・チャペル」という謎の言葉を残して暗殺される。同時に息子が、一家に近寄っていたドレイトン夫妻一味によって誘拐されてしまう。
警察に頼る訳にもいかず、「アンブローズ・チャペル」という言葉を頼りに、ロンドンに飛んだ夫妻は息子の捜索を開始するが、要人暗殺という巨大な陰謀に飲み込まれていく…。(Wikipedia)

靴購入


10月6日(日) 、久しぶりに靴購入。
コンバース。ABCマート。5990円。



【映画】「NEXT-ネクスト-」


10月15日(火)、録画した「NEXT-ネクスト-」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2013年映画 ?作品目】

NHK BSプレミアムで9月16日に放送したもの。
短編集っぽい作りだが、意外と面白い。
ジェシカ・ビールが綺麗。

最近、映画離れが著しく、興味も薄れてしまってた。
この作品も期待値が相当低かったけど、楽しく観れた。
この事が映画鑑賞意欲を盛り上げるキッカケになればいいな。

原題: Next
監督: リー・タマホリ
原作: フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』
出演: ニコラス・ケイジ/ジュリアン・ムーア/ジェシカ・ビール
公開: 2007年 アメリカ
興行収入: $76,066,841

主人公のクリスは2分先の未来を知ることのできる予知能力の持ち主で、ラスベガスのカジノでマジシャンとして生活を送っていた。ある事件をきっかけにクリスの特殊能力が本物だと確信するに至ったFBI捜査官フェリスは、ロサンゼルスに核兵器と共に潜伏したテロリストを探し出すためクリスに捜査への協力を求めるが、クリスは彼女の依頼を拒否し逃亡する。(Wikipedia)

始まらない終わり

始まってなかったけど終わったわ。

勝手に始まりを感じ、やきもきして
グルグルと同じところを廻ってばっかだったけど
今日、終わった。幕がちゃんと下りた。
やっと気づけた。何もないことに。

2か月前から節目と分かってた今日。
それまでグズグズと態度を引き延ばしたり
微かな希望が湧かせたり、腐らせたりして
同じところを延々とずっとずっと廻り続けた心の弱い部分。

最後の最後も何もできなかった。
体面だけを気にした。

最初から何もなかった場所に勝手に花を見つけ
勝手に癒しを求め、応えてくれること、咲き誇ってくれることを望んだ。
なに調子こいてんだって話。

何もないんだよ、最初から。
隣で笑ってくれたことが、あったことぐらいで感謝しろ。
後はドアを締めれば、もうおしまい。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。