スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】永嶋恵美「せん-さく」

7月31日(日)文庫本で「せん-さく(永嶋恵美)」を読み終わる。

★★★★★☆☆☆☆☆(5)【2011年小説10作品目】

文庫の帯についてたキャッチコピー「隣人が、いちばん怖い」に惹かれて買うが、それは同じ著者の「インターフォン」のものだった。
期待・想像していた内容とは異なるが、まぁ楽しめた。
2000年頃に書かれた話なので、ストーリーに関わるインターネット環境が今と違うのが残念。


「俺、帰りたくなくって」29歳の専業主婦・諸藤典子は、インターネットの掲示板で知り合った中学生・浅生遼介から、オフ会の帰りの新幹線の中で別れ際にそう告げられる。典子は家出を思いとどまらせるつもりで、ほんの少しだけ遼介につきあうことにした。が、遼介はなかなか帰ろうとしない。道行きの途中、二人は、遼介と同じクラスの友人の両親が殺人事件にまきこまれ、友人自身も行方不明であることを知る...。巧緻なプロットと衝撃の結末で、静かにこわれゆく現代人の不安とさびしさをすくいとった感動の長編ミステリ。(Google books)
※2011/10/08 15時50分38秒投稿
スポンサーサイト

【映画】「バーレスク」

7月30日(土)DVDで「バーレスク」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画36作品目】


分かりやすい感じのサクセス・ストーリー。思ってたほど悪くない。
クリスティーナ・アギレラが可愛い。背ちっこいのな。
ガガにその座を奪われたのか、今は結構マジメらしい。


歌手になるという夢を実現する為にアイオワからロサンゼルスに出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)。仕事を探してロスの街をさまよう途中、テス(シェール)が経営する「バーレスク・ラウンジ」を見つける。舞台の華やかさに感激したアリスは、ウェイターのジャック(キャム・ギガンデット)に頼み込んでウェイトレスとして働くこととなった。(Wikipedia)
※2011/10/07 23時12分19秒投稿

【映画】「パレード」

7月30日(土)DVDで「パレード」を観る。

★★★★★☆☆☆☆☆(5) 【2011年映画35作品目】

何となく借りた行定勲監督作品。
メインネタではないが、女性襲撃事件の犯人は結構早めに予想がついて、でも、それが意外なラストにでも繋がるのかなと思ってたら、想像通りのままで何も起こらなかったのがな…。

藤原竜也は、いつもの感じの役。香里奈もそうだけど、やっぱカッコ良くて素敵。
印象に残ったのは、貫地谷しほりと林遣都かな。
林遣都は以前見たドラマ「ストロベリーナイト」で知った俳優。プラスな感情ではないんだけど、記憶に残る。
※2011/10/07 23時33分45秒投稿

【映画】「RED」

7月25日(月)DVDで「RED」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画34作品目】

もっとコメディなのかと思った。ジョン・マルコビッチがあまり活躍せずに残念。


タイトルは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略。
製作費 $58,000,000
興行収入 $164,857,395

フランクは元・CIAの腕利きのエージェント。現在は引退し、田舎で一人のんびりと平和に暮らしていた。ある夜更け、家に何者かが自宅に侵入したが、フランクはこれを片付け、更には外で銃弾を放つ敵もかたなく葬り去る。役所に勤めるOLのサラの家へと向かい彼女に事情を話すが、全く信じてもらえず、言い争いの中で新たな敵が襲い掛かる。襲撃した者がCIAに関わりがあることを知ったフランクはかつての仲間であるジョー、マーヴィンと元・MI6の名狙撃手であるヴィクトリアと共に陰謀に立ち向かう。(Wikipedia)
※2011/10/07 22時59分52秒投稿

07/23のツイートまとめ

肌に染み込む彼女の香り
07-23 18:50

14年振りに「実況!パワフルプロ野球」(PSP) 購入。97年度版以来。取り合えずペナント1試合プレイ。32対14で圧勝。強さ変えるか。
07-23 22:35

【映画】「ぼくのエリ 200歳の少女」

7月20日(水)DVDで「ぼくのエリ 200歳の少女」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画33作品目】

前に予告編を見たら、映像綺麗で面白そうだったので。スウェーデンの家具と雪景色が素晴らしい。




2008年のスウェーデン映画。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによる2004年の小説『MORSE -モールス-』を原作者自らが脚色した吸血鬼映画。

ストックホルム郊外に住む12歳のオカルト好き少年オスカーは、内気で友達が居ない、いじめられっ子である。ある日、彼の家の隣にエリという名の同い年の女の子が引っ越してくる。学校に通わず、昼間は外出もしないミステリアスなエリにオスカーは恋心を抱くようになった。同じころ、町では失踪・殺人事件が相次いで発生。やがてオスカーはエリの正体が不老不死のヴァンパイアであり、一連の事件の犯人であることを知る。(Wikipedia)
※2011/10/07 13時33分25秒投稿

07/20のツイートまとめ

1月くらいから登録しないとケータイから見れなくなってた「2ちゃんねるまとめ マニアクス」。しばらくご無沙汰だったが、ようやくログイン。やっぱ見ちゃうね、面白い。
07-20 01:29

アプリ「DOWNLOADS」を入手。YouTubeからダウンロード出来るそうな。取説が英文だから使いこなせるか不安。
07-20 01:31

6、7年前に中途で入った今の会社。その前身の会社の当時の上司M田さんに超久しぶりに会う。社内のコンビニ前。今は役員?覚えててくれて嬉しい。
07-20 01:33

火曜日に帰宅できるのは久しぶり。4月からで初。素晴らしい。
07-20 09:06

ガリガリ君 梨味

ネットで激ウマと評判のガリガリ君 梨味を食う。確かに美味。ソーダ味にはあまり惹かれなかったけど、こちらはサッパリしとる。ガリガリと言うよりはシャリシャリだったけど。

07/17のツイートまとめ

帰宅時、電車に乗ったら、前の座席に黒のビニールシートが。床には大量の白い粉と食べカス。フルーツ系の香りが充満。何かしらと思ってたら、車掌さんが数人入って来て掃除開始。ゲロ処理だったのね。初めて見たわ。
07-17 03:21

その後、何駅かして、何も知らないおじさんがその席に座る。さっきまでゲロと白い粉まみれだった席に。可哀想だなと思ってたら、缶ビール片手にえづきだす。酔っ払いが心惹かれる席なのか、そこは。
07-17 03:25

【TVドラマ】「LOST」シーズン4 第5巻・第6巻

7月17日(日)、DVDで「LOST」シーズン4 第5巻を観る。

間違えて4巻を飛ばしてしまう…。店で2回も確認したのに…。しかも、フランス人女性が殺されたり、ストーリー的にキモになる巻だった。ショック。

■「ルール」
ベンの娘も殺される。

■「父の影」
主人公ジャックの虫垂炎手術。クレアがいなくなる。

7月24日(日)、DVDで「LOST」シーズン4 第6巻を観る。

■第11話「奇跡の子」
■第12話「オーシャニック6」

※2012/01/08 18時44分18秒投稿

【映画】「板尾創路の脱獄王」

7月17日(日)DVDで「板尾創路の脱獄王」を観る。

★★★★★☆☆☆☆☆(5) 【2011年映画32作品目】

ずっと観たかった作品。ツタヤでかなり長いこと3泊4日だった。ようやく1週間レンタルできるように。
内容は、ありきたり。尖っては無かった。ただ、同じような内容の「シンボル(松本人志)」に比べれは分かりやすく、観たあとの満足感はあった。両監督は芸人としては大好きだけど、映画は厳しく。

予告編の「木下課長とボク」が面白そうだった。松ちゃん、ゲストで出てるのな、意外。
※2011年8月28日 20時07分08秒投稿

【映画】「海がきこえる」再

7月16日(土)録画した「海がきこえる」を再び観る。

高校生の時に観て以来だから、少なくとも16年振り。当時は背景がすごく綺麗だと思ったけど、さすがに今と比べると普通。
エンディングのイラスト見て、本買ったの思い出す。絵に思い出あり。やっぱ思春期に観るものは心に刻まれるな。
ストーリーは、メチャクチャ甘酸っぱいイメージがあったけど、30歳越えたオッサンには何も響かなかった、残念。
※2011年8月28日 20時06分13秒投稿

【映画】「愛のむきだし」

7月11日(月)DVDで「愛のむきだし」を観る。

★★★★★★★★☆☆(8) 【2011年映画31作品目】

面白かったけど、心に残る作品かは微妙。
新興宗教とかアングラなネタは好き。西島隆弘(AAA)はこの作品と、「No Cry No More」で好感度上がった。満島ひかりは、アヴリル・ラヴィーンっぽくていい感じたわ。



20年ほど前に監督が知り合った「盗撮のプロ」が新興宗教に入った妹を脱会させたという経験を基に、自身の体験や取材を組み込んだ3時間57分に及ぶ純粋かつ壮絶な恋愛叙事詩である。(Wikipedia)
※2011年8月28日 20時04分20秒投稿

07/10のツイートまとめ

「龍が如く OF THE END」クリア。42時間。第1章のサブストーリーをまだやってないので、もうしばらくプレイ。ガンシューティングとしては難易度低いそうだが、俺レベルだとちょうど良く、楽しめました。
07-10 00:56

【TVドラマ】「LOST」シーズン4 第3巻

7月10日(日)、DVDで「LOST」シーズン4 第3巻を観る。

■第5話「定数」
■第6話「許されぬ関係」

※2012/01/08 18時38分09秒投稿

【映画】「女優霊」再

7月10日(日)DVDで「女優霊」を再び観る。

多分、初見の1998年10月11日年以来。
超怖かったイメージがあるが、今観るとそんなに怖くない。ま、結末知ってるからだけど、思い出補正もあるんだな。
女優役の小さな女の子が不気味だった印象があったが、それほどでも。

新人映画監督の村井俊男は自身のデビュー作を製作中、その作品のカメラテスト中に別の映像が紛れていることに気づく。
村井はその不気味な映像に何故か見覚えがあるのであった。それ以降、撮影現場では奇妙な現象が起こり始める。(Wikipedia)
※2011年8月28日 19時56分20秒投稿

【映画】「みんな元気」

7月9日(土)DVDで「みんな元気」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画30作品目】



ロバート・デ・ニーロ/ドリュー・バリモア/ケイト・ベッキンセイル/サム・ロックウェル

家族もののコメディかと思ってたら結構シリアス。最後はホロッとする。
デ・ニーロのおじいちゃん役が上手いけど寂しい。「タクシードライバー」や「ゴッド・ファーザー」の頃の彼はいない。

製作費 $21,000,000
興行収入 $16,443,609(全世界) $9,208,876(アメリカ)

妻に先立たれた老人のフランクは、毎年自分の家にやってくる子供たちを楽しみに待っていたが、今年は全員が来るのをやめてしまう。ショックを受けるフランクだったが、直接子供たちと話をするために、自分が彼女らの元に向かおうと決心する。だが、この行動によって、それまで秘密にされてきた子供たちの真の現状が明らかになる。(Wikipedia)
※2011年8月13日 02時46分05秒投稿

【映画】「魔女の宅急便」再

7月9日(土)録画した「魔女の宅急便」を再び観る。

日本テレビ「金曜ロードショー」で放送したもの。
一昨年くらいにも放送していて、その時は、楽しみにしてたものの、最初にトンボが出てくるシーンでむず痒くなって、観るのを止めてしまった。
今回は最後まで視聴。結構久しぶりなはず。翌週は「海がきこえる」でさらに楽しみ。「ラピュタ」も久しく観てないなぁ。
※2011年8月13日 02時38分06秒投稿

【書籍】林雄司「死ぬかと思った」

7月7日(木)文庫本で「死ぬかと思った (林雄司)」を読み終わる。

ツタヤで最新刊(9)をパラ読みして面白かったので購入したが、1巻は微妙だった。

以下は中でも良かった方のエピソード
■ボートで遭難しかけて外国人からスタンディングオベーション
■コワモテに偉そうに言う

ただ、今後定期的に読みたいと思った。
※2011年8月13日 02時37分05秒投稿

【映画】「ミックマック」

7月4日(月)DVDで「ミックマック」を観る。

★★★★★★☆☆☆☆(6) 【2011年映画29作品目】

ジャン=ピエール・ジュネ監督作品。
話題になってないから「そんなに面白くないんだろうな」と思いつつ、それでもチョットは期待して観たら、やっぱりそれ程でもなかった作品。
「アメリ」っぽい美術と、想像世界のエフェクト。「もう10年くらい経ったから同じ事やってもいいか」感が残念。
でもやっぱり綺麗な美術セットや、CMっぽいフィルムの感じとかは好き。

レンタルビデオ店で働くバジルは、偶然居合わせた発砲事件で流れ弾を頭に喰らい、摘出されないまま頭の中に残ってしまった。そのせいで彼は全てを失ってしまったのだが、スクラップ工場の仲間と知り合うことで新たな人生を歩み始めることになった。ある日、頭の中の銃弾を作った会社と30年前に父を殺した地雷を製造した会社を発見する。そこで彼は、工場の仲間と共に2つの軍需企業へのイタズラ(復讐)を企てる。(Wikipedia)
※2011年8月13日 02時35分05秒投稿

【映画】「ストーン」

7月4日(月)DVDで「ストーン」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画28作品目】

出演:ロバート・デ・ニーロ/エドワード・ノートン/ミラ・ジョヴォヴィッチ


俺が好きな俳優大集合で、B級エロサスペンスっぽい感じの予告編を観て気になった作品。
前半は「どうなるんだろう?」があったのに、後半急激にストーリーが失速。エドワード・ノートン演じるストーンが突然変わり過ぎ。演じ分けられる俺、スゴくね?的な臭いがハンパない。残念。

製作費 $22,000,000
興行収入 $3,197,347

デトロイトで仮釈放管理官として真面目に働き、結婚43年目の妻のマデリンを持つジャック・メイブリーは、定年を間近に控えていた。最後に担当するのは放火犯のストーンだった。だが反抗的な彼は真面目なジャックとは噛み合わず、仮釈放のための面談はなかなかうまく進まなかった。そこでストーンは妻のルセッタにジャックを誘惑し、こちらの味方につけるように命じる。当初はルセッタを拒むジャックだったが、巧みな誘惑で徐々に虜にし、あるときとうとう一線を越えてしまう。すっかりルセッタに心を奪われたジャックだったが、その一方、当のストーンは自己啓発に没頭して真人間になり始めていた。(Wikipedia)
※2011年8月13日 02時25分03秒投稿

【映画】「遊星からの物体X」再

7月3日(日)DVDで「遊星からの物体X」を再び観る。

突然ふっと観たくなった。【2009年02月16日(月)】以来。
※2011年8月12日 22時00分20秒投稿

【TVドラマ】「LOST」シーズン4 第2巻

7月2日(土)、DVDで「LOST」シーズン4 第2巻を観る。

■第3話「雇われた男」
■第4話「証言」

※2012/01/08 18時35分20秒投稿

【映画】「もののけ姫」再

7月2日(土)録画した「もののけ姫」を再び観る。

【2004年11月19日(金)】以来? 一気に観ると圧倒されるな。
※2011年8月12日 21時56分19秒投稿
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。