スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】「地球が静止する日」再

5月29日(日)、録画した「地球が静止する日」を再び観る。

【2009年10月2日(金)】以来の鑑賞。今回は日本語吹替版。
震災の影響か、スタジアムが崩壊するシーンなど見所CGがほぼカットされてた。残念。
※2011年6月18日 8時24分42秒投稿
スポンサーサイト

【映画】「ハプニング」再

5月23日(月)、DVDで「ハプニング」を再び観る。

【2009年1月24日(土)】以来の鑑賞。それなりに楽しめた。
※2011年6月18日 8時23分01秒投稿

【映画】「12人の優しい日本人」再

5月22日(日)、DVDで「12人の優しい日本人」を再び観る。

【2009年1月22日(木)】以来、数度目の鑑賞。ちょくちょく観たくなるのは何でだろう。
前回は裁判員制度が騒がれてた頃。でも今回は別に何もないのに。

※2011年6月15日 6時24分04秒投稿

【小説】戸梶圭太「誘拐の誤差」

5月22日(日)、文庫本で「誘拐の誤差(戸梶圭太)」を読み終わる。

★★★★★★☆☆☆☆(6)【2011年小説7作品目】

殺された小学生男子の目線で語られる物語。これだけなら面白そうに見えるけど、ただ幽霊男が俯瞰で他人の心を読みながら進んでいく。残念。
見ない、喋らない殺された人間目線の話なら良かったのに。


「礼乎(レオ・10歳)が学校から帰ってこないんです」―母親からの届けを受け、警察が捜査を開始。何の手がかりもつかめないまま時間だけが過ぎ、礼乎は死体となって発見される。
その直後、身代金を要求する連絡が入る。いったいどうなっているのか。捜査は暗礁に乗り上げるが、その原因は警察内部にあったのだ。ゾッとする怖さを秘めた異色の警察小説。(紀伊國屋書店)

※2011年6月15日 6時22分02秒投稿

【TV】「世にも奇妙な物語」

5月22日(日)、録画した「世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別篇」を見る。

■「ドッキリTUBE」 坂口憲二
■「分身」 大森南朋
■「通算」 松平健
■「缶けり」 永作博美
■「PETS」 谷村美月

5月14日の土曜プレミアムで放送されたもの。
「分身」を見て、杏が好きになった。綺麗な人だと初めて思った。

※2011年6月15日 6時14分14秒投稿

【映画】「サンシャイン2057」再

5月21日(土)、DVDで「サンシャイン2057」を再び観る。

【2007年11月28日】以来の鑑賞。意外と面白いのよね。

※2011年6月15日 6時12分06秒投稿

【映画】「天使と悪魔」

5月14日(土)、録画した「天使と悪魔」を観る。

★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画22作品目】

土曜プレミアム放送を録画。日本語吹替版。
前作「ダヴィンチ・コード」は原作読んでからの鑑賞だったので、端折り感が気になったが、今作は未読なので意外と楽しめた。前作以降、個人的に都市伝説的なモノへの関心も高かったし。
影で糸を引く人物が早めに想像できてしまい、また、それが当たってしまったのは残念。オドレイ・トトゥは出てないのも、寂しい。

※2011年6月15日 6時09分03秒投稿

【小説】愛川晶「六月六日生まれの天使」

5月9日(月)、文庫本で「六月六日生まれの天使(愛川晶)」を読み終わる。

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)【2011年小説6作品目】

文体かなのか言葉選びなのか、すごく作品全体が古臭く感じた。あだち充の初期の劇画調時代のような、20年前の少女コミックを思い出す。
叙述トリックは大好きなのにハマれなかった。残念…。


ふと目覚めると、私は記憶を失っていた。同じベッドには、ゴムの仮面を破った全裸の男が眠っている...。ここはどこ?この男は誰?扉を開けると、意外にも外は雪。そして初老のサンタクロースが、私に手招きをしている!記憶喪失の女と謎の男の奇妙な同居生活、その果ての衝撃!(Google BOOKS)

※2011年6月15日 6時06分15秒投稿

【映画】「影なき男」

5月7日(土)、録画した「影なき男」を観る。


★★★★★★★☆☆☆(7) 【2011年映画21作品目】

シドニー・ポワティエ、10年振りスクリーン復帰作品。意外とアクションしてる。


FBI捜査官スタンティン(シドニー・ポワチエ)は、サンフランシスコでの宝石店盗難事件に出動。逮捕されたのは宝石店の店主。実は、店主の家に強盗が押し入り、ダイヤモンドを要求していたのだ。人質を解放させようとするが、強盗は人質を射殺し逃走。山岳地帯で釣り客のツアーに紛れ込んだ。
スタンティンは地元のガイドを雇ってツアーを追おうとするが、ガイドのノックス(トム・ベレンジャー)は、自分一人で出発すると言い張る。強盗が紛れ込んだツアーのガイドは、ノックスの恋人サラだったのだ。(Wiki)

※2011年6月15日 5時57分06秒投稿

【映画】「クリスタル殺人事件」

5月7日(土)、録画した「クリスタル殺人事件」を観る。


★★★★★☆☆☆☆☆(5) 【2011年映画20作品目】

主人公のおばあちゃんが腹立つ感じで良い。


原題:The Mirror Crack’d 製作:1980年
原作はアガサ・クリスティ『鏡は横にひび割れて(原題:The Mirror Crack'd from Side to Side)』。

ミス・マープルの住むイングランドの片田舎セント・メアリ・ミードは、ハリウッド映画の撮影が行われるという興奮に包まれていた。久しぶりに映画に復帰する主演女優マリーナや監督をする夫のジェイソンらを歓迎するパーティーに、プロデューサーのマーティーが妻である女優ローラを伴って現れた。マリーナとローラは犬猿の仲であり、映画の共演はトラブルを引き起こすと懸念されていた。パーティーの真っ最中、戦時中にマリーナの従軍公演を見て感動したという村の娘、ヘザーが毒殺される。(Wiki)

※2011年6月13日 5時42分17秒投稿

【映画】「地中海殺人事件」

5月6日(金)、録画した「地中海殺人事件」を観る。


★★★★★★☆☆☆☆(6) 【2011年映画19作品目】

NHKハイビジョンで放送されたもの。ジェーン・バーキン、綺麗だな。


監督:ガイ・ハミルトン 原作:アガサ・クリスティー 公開:1982年
ピーター・ユスティノフ(エルキュール・ポアロ)
ダイアナ・リグ(アリーナ・マーシャル)
マギー・スミス(ダフネ・カースル)
ジェーン・バーキン(クリスチン・レッドファン)

イギリスのスマグラーズ島にある「ジョリー・ロジャーホテル」に休暇でやってきたポアロは、元女優のアリーナ・マーシャルを見かける。彼女の周りには、穏やかならぬ雰囲気が漂っていた。ポアロは、彼女がホテルの客の一人と不倫しているのを見つける。そして、ある快晴の日に、彼女が死体で見つかった。だが、関係者には、完璧と思えるアリバイがあった。

撮影はスペインのマジョルカ島で行われた。(Wiki)

※2011年6月13日 5時36分03秒投稿

【映画】「裏窓」再

5月6日(金)、録画した「裏窓」を再び観る。


NHKBSで放送されたもの。DVD持ってたけど、楽しめた。結構久しぶりの鑑賞。

※2011年6月13日 5時31分07秒投稿

【映画】「第三の男」

5月1日(日)、録画した「第三の男」を観る。

★★★★★★☆☆☆☆(6) 【2011年映画18作品目】

小学生の頃に読んだ「まんが道」に載ってた作品。20年ほど経っての鑑賞。思い出補正にによる期待値上がってたかも。
NHKのBSで放送、さすが。DVDではまず借りない。


原題: The Third Man 製作:1949年 イギリス映画
監督:キャロル・リード

第二次世界大戦直後のウィーンを舞台にしたフィルム・ノワール。
光と影を効果的に用いた映像美、戦争の影を背負った人々の姿を巧みに描いたプロットで高く評価されている。また、作品のテーマ曲となったアントン・カラスの演奏や、ハリー・ライム役のオーソン・ウェルズの怪演も有名。(Wiki)

※2011年6月13日 5時25分05秒投稿
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。