アフィリエイト報告

久々のアフィリエイト報告。

前回、3月に入ってから全く商品が売れてないことから
更新してアクセス数を稼ぐことでモノを売ろうとしたのだが、
呆気なく撃沈。

3月4月で1ケしか売れてません。
売上60円……。

やばい。

放っておいても売れるのは3ヶ月。
その間アクセス数は1日1500→300に。約5分の1だ。
売上は数百分の1に……。

300人来てくれるだけでも有り難いが、
更新してもしなくても300人というのは如何か。

ちょっとこれは真剣にテコ入れしないとな。
スポンサーサイト

殺人ウィルスとか見つからないかな

「田舎のスナック嬢」に腹が立つ。
やばいくらいに腹が立つ。
常識がなさ過ぎる。

ホントに迷惑だ。

どうしてくれよう?

最近のお仕事日記、まとめてドン

土曜日、アレが終わる。
3月25日のアレの結果であり、3月11日と同じアレである。

月曜日は、前の前の前の部署で仕事をご一緒した方と会う。
助監督のチーフさんだ。

それで今日は、土曜日のアレの結果で先方から連絡をもらった。
やる気が出た。

「田舎のスナック嬢」への怒りは、増加の一歩を辿る毎日だけど、
これからも頑張ろうと思った。

昨日は次回に向けての段取りで、
早速新しい先輩から怒られてしまったけれどな。

「ファイナルファンタジー12」購入

金曜日。
やっと「ファイナルファンタジー12」を買いました。

(PS2)ファイナルファンタジーXII

販売本数200万本を越えたこの作品を、
チビチビと楽しんでいこうと思います。

すでにクリアした人の話では、
50~100時間かかるとのこと。
バイオハザード4」しかり、
最近はやりこまないのでクリアまで60時間かな。

7月くらいまでにはクリアできればと思います。


(PS2)ファイナルファンタジーXII

Yahoo!ゲームで大富豪

最近、Yahoo!ゲームの大富豪をやっている。

そんなに面白いわけではない。
専ら仕事中の暇潰し。
さすがにスタッフが沢山いるときに「Last Chaos」はできません。

Yahoo!の大富豪。
オンラインで全国各地の(暇)人たちと対決するわけですが、
気付いたことがあります。

自分の勝負弱さ、です。

相手はコンピュータではなく、人間。
やはり頭を使ってくるわけです。
その場の勝ち負けだけではなく、全体での勝敗のために
カケヒキをしてくるわけです。

その争いのなかで、いかに自分に先を読むチカラがないか思い知らされます。

強いカードを温存し過ぎて負けたり。
出すタイミングを見誤って「都落ち」してみたり。

なんだかなぁ。

それで結局、何回もやってしまうのです。
……なんだハマってんじゃないか。

不規則な食事

最近、家に帰ることができている。

家で夕食を食べる習慣がついてしまった。

24:30頃にドカ食いをする。
異動前は20時頃に食べたり、
遅いときは会社近くで食べて帰るようにしてたのに。

また太るなぁ。
最近、体重測ってない。もうきっと太ってる。

弊社、ピンチでございます。そして後輩の苦悩。

後輩に会った。
久しぶりに会った。

弊社のプチ本部的な処にいる彼。
俺より弊社の内部事情に詳しかった。

大変なんだね、弊社。
いよいよヤバイんだね、弊社。

でも、またトンチンカンな人事をしたそうな。

っていうか、アイツをどうにかして欲しい。
今日会った後輩こそ、我が部署に欲しい。
まぁ無理だろうけど。
潰れたら潰れたで、それほど愛着のない会社だし。
アイツより人脈も仕事能力もあることだけは自負しているので、
弊社には潰れて頂いて、路頭に迷うアイツを見るのもありなのかもね。

話がズレたが(相当ストレス溜まってる)
後輩が会社を辞めるかもしれないとのこと。

彼の近況を聞けば、その選択、分からなくもない。
ただ、一度でも転職してしまったら、
中途社員になってしまったら、
あとはもうずっと「転職してキャリアアップ」するしかなくなる。

彼の若さでもったいない気もする。

早く見切りをつけることも大事。
でも今まで見てきたことだけで判断するのは危険。

う~ん。
人生はいつも、いつの時代も、いつの世代も
苦悩の連続ですな……。

俺も他人のハエ追っ払ってる場合じゃないけど。

後輩が辞める前に飲めればいいな。

今日の「田舎のスナック嬢」 と ヘルペス

突然できた赤いポツポツ。

食べ物が原因ではなく、
疲れが原因ではなく、
精神的ストレスが原因説が濃厚。

蕁麻疹ではなくヘルペスじゃないか!?説。

確かに食べ物は今までアレルギーなんてないもんね。
確かに、できはじめた頃は疲労が回復し終わる時期だったもんね。
両方とも心当たりがない。

だが、しかし!

精神的ストレスが原因ならば、思い当たる節は腐るほどにあるぞ!!

すべてアイツのことだ。
蕁麻疹ができはじめの頃、奴に対するストレスは
第一次限界突破をしたんだ。

そうか。奴か。

今日も『田舎のスナック嬢』は、上司にベッタリと寄り付き、
仕事もせずに己の地位向上に励まれていた。

いくら何でも、もう限界だ。
ストレスを抱えてまで、蕁麻疹を抱えてまで
奴を守ってやる必要はない。

犬の記憶 と 子供の親切心

ホントは日曜日、出社して諸々やるつもりだったのに、
家でダラダラしてしまう。
夕方まで寝てしまう。
おかげで夜に眠れなくなってしまう。

おかげで「アザーズ」を楽しめたわけですが、
己の自己管理能力の無さに嫌気がさします。

深夜タバコが切れてコンビニに買いに行くのも面倒臭くて
先程いそいそと自販機に買いに出たときのこと。

家の真ん前でシェットランドシープドッグに会った。

飼い主と散歩の途中だった彼(とする)。
俺を見て飛びかかってこようとした。

瞬時、彼は俺を愛犬(メス)と間違えたのかと思った。
我が愛犬は、その可愛さから近所のオス犬どもの人気者で(←親バカ)
我が家の前で彼女の出待ちみたいなストーカー犬もいるそうで、
彼もまたその一人(匹)なのかと思った。
「その気持ち分からんでもないよ」と
仲間意識を感じながらも、タバコの自販機に向かった。

まだ彼は俺を見てたんだ。

後になって思う。

「彼は俺のこと知ってたんじゃないか?」

愛犬の散歩にたまに行くと、たくさんの犬に会う。
頻繁に会う犬は名前も顔(主に飼い主)も覚える。
そのときは挨拶したり撫でたりもする。

「もしかして彼はそのなかの一人だったんじゃないか?」

俺が最近散歩に行かないから忘れてるだけで
彼は俺のことを知っていて、それで挨拶しようとしたんじゃないのか?
愛犬目的ではなく、一人の知り合いとして接しようとしてくれたんじゃないのか?

飼い犬の世界は狭い。彼らの交流関係は狭い。
そして、彼ら犬は5年前に一度会っただけの俺の友人を覚えているほどに記憶力がいい。

……ちょっと罪悪感。
彼がこれを期に人間不信にならないように祈ろう。

そして、この出来事が更なる記憶を蘇らせる。

1、2ヵ月前のこと。
帰宅途中の電車の中で、隣に親子が座った。

30代前半のお父さんと幼稚園児くらいの娘さんだった。
24時頃だったので「こんな深夜に非常識じゃね?」なんてことを思った。

電車の揺れか、俺の手がぶつかったのか、
俺のカバンにつけていたペンが落ちた。
俺は気付ず、ウトウトしていた。

父親が言う。
「ペン落ちましたよ」
その声で目が覚める。
拾おうと体を起こそうとしたら、彼女が先に拾ってくれた。

親御さんの日ごろの教育の賜物だろう。
幼稚園児の女の子が、見知らぬ俺のペンを拾って渡してくれた。

ペンを差し出した彼女。
緊張した表情だった。
アカの他人だ、当然だろう。
俺はよく周囲から「怒ってる?」と言われるような顔だ。
怖かったのかもしれない。
でも、彼女は勇気を出した。「親切」をしようとした。

なのに俺は幼稚園児に向かって
「どうもすみません」と言った。

…そうじゃないだろう。
「どうもありがとう」としっかりと感謝の気持ちを伝えるべきだろう。
親切と勇気に対して、頭を撫でるまでいかないにしてもキチンと返答するべきだろう。
そもそも、なんで敬語なんだ。

子供たちの心は些細なことで傷が付く。
その後の道がブレる。
あれを期に彼女の心が汚れないことを願う。

俺みたいなゴミ人間にそんなことをする権利はない。
以後、気をつけるように。

映画「アザーズ the others」

久しぶりに映画「アザーズ the others」を観る。

アザーズ

大好きな作品。もう何回観たことか。

アレハンドロ・アメナーバル監督の前作「オープン・ユア・アイズ」は
俺の映画心を捕らえただけでなく、人生も変えた作品だ。
(「オープン・ユア・アイズ」は後にハリウッドでリメイク→「バニラ・スカイ」)

彼の新作ということで、クランクイン情報を手に入れた時から楽しみにしていた。
そしてこの作品で完全に彼のファンになった。
まだ若いんだよね。「オープン~」のときに確か28歳。
すげぇよ。やっぱ。

ストーリー

光アレルギーという病を患った子供2人を抱える母親グレース(ニコール・キッドマン)。
夫が第二次世界大戦に出兵して以来、グレースは独りで子育てをしていた。
夫のいない寂しさ、子育ての重圧からなのか、
長女アンといい関係を築くことができないでいた。

「家の中に私たち家族以外にも誰かがいる」
そんなことを言い出すアンに、
熱心なキリスト教信者であるグレースは苛立ちを感じていた。

そこへ以前この家で奉公していたという3人組がやってくる。
彼らを雇うグレースだったが、
家の中で徐々に奇怪なことを目撃するようになる……。

長女アンの言っていたことは本当なのか?
奉公3人組が家に来た『本当の目的』とは何なのか?

そして怒涛のエンディング、グレースはある真実にたどり着く……。


正直、中盤に「あれ?ハズレ?」なんて思ったりもしちゃうんです。
名監督だと「お仕事」作品?なんて。
でも、やはりアレハンドロ・アメナーバル監督は違う!

キャッチコピー『母子の愛に隠された 知ってはいけない秘密』はナイスコピーです!!

映画大好きで映像業界に入った俺。
業界に入ってから色んなシガラミを知ってしまった俺。
それでも俺が今観て面白いと思い、
自信を持って勧められる数少ない作品!

映画「アザーズ the others」!!
未見の人はお勧めですよ!!

そういえば監督の新作「海を飛ぶ夢」がDVDリリースされてますね。
古巣スペインでの作品。
海を飛ぶ夢 ◆20%OFF!

ケータイ版はコチラ→【送料無料】 アザーズ  海を飛ぶ夢 ◆20%OFF!
【送料無料】 オープン・ユア・アイズ バニラ・スカイ

再会いろいろ

木曜日、同じ会社の先輩に会った。

前の前の部署にいたときの担当デスクさんだ。

彼も4月期に移動になったそうだ。
朝の番組から昼の番組へ。
生活時間が早朝から深夜へ変わった、と。
会議、会議の毎日だと。
気のせいか、以前より親しげだった感じがした。

金曜日、前の前の前の部署にいたときの上司に会った。

他の会社の方だが、本当によくして頂いた人だ。
当時の直属の上司より信頼できる人だった。
一時期、本気でその人の会社へ転職しようかと考えたほどだ。
今でも、その「IF…」を考えてしまう。
まだ間に合うかな?
会社が引っ越すらしい。
IT企業のシンボルとなった土地じゃないですか。
すごいなぁ。

色んな方たちとの再会は、過去の自分との再会でもある。
それがいつか未来の自分へとつながればいいなぁ。

オンラインRPGゲーム『Last Chaos』

ついにやったった。

オンラインRPGゲームデビューしたった。

その記念すべきゲームの名は『Last Chaos』!!

エミュレータで昔のゲームを手に入れる……
これにも惹かれたんだけどね。
やっば、まずオンラインRPGをやってみたい!ってことで。

『Last Chaos』を選んだ理由とは!?

・無料だから(→これ大事)
初めてだからね。高い料金払って合わなかったら嫌だもんね。

・映像がリアルだから。
無料ゲームをいくつか見つけたけど、アニメチックな作品ばかりだった。
さすがにね……。
馬鹿にするつもりはないけれど、俺にカワイイ感じのゲームは似合わないかな、と。
職場で誰かに見られたら恥ずかしいものね。

初めてのネット上の世界。
歩けるようになるまで15分ほどかかりました……。

んで、街に着いてまず最初のチャット。

「セーブってどうやるんですか?」

こんな質問は怒られるかなと思った。
教えて、教えて。じゃなくて少しは自分で調べろ!!
そう言われるかと思った。

しかし……

「保存は自動でされますよ~」

おお~!!優しい人発見!!!
ネットの世界も捨てたもんじゃない。
名前はもう忘れちゃったけど、あの人は俺のオンラインRPG人生で大切な人となった。

現実世界で家に帰りたかったので、ネットの街中を不審に走り回って終了。

女性キャラに密着していたら、
どうしたら話し掛けられるのか悩んでいたら、
ピュ~~っと走り去られました。

そんなことが面白い。
(変質者っぽい発想だなオイ)

調子にのって、オンラインゲーム日記blogを作ろうかと思ったけど、
すぐ飽きる可能性大なので、
もうすぐ忙しくなり、それどころじゃなくなるので、
大切な初体験の感想を、このブログに記録する。

お 花 見 だ

今日はお花見をしたよ。

普通普通の面白さだったよ。

アイツは今日もクネクネしながら、上司にベッタリだったよ。

後片付けも最後までしないで消えてしまったよ。

もう嫌だ。

会社に帰ってコンビニで前の部署の女の子に会ったよ。

というか、俺的アカデミー賞受賞(※3月21日)の子だよ。

彼女への嫌悪感も今はアイツへの苛立ちで消えてしまったよ。

彼女のほうが良かったかも、なんてことまで考えるよ。

桜の写メ撮れば良かったな、なんてことも考えるよ。

最近、絵も写真の更新してない『如実に現れる』だよ。

ニキビ的な不安 と 大病の予感 と ただの塗り薬

火曜日、珍しく迅速な行動を取った。

病院(皮膚科)に行ったんだ。

あれから更に発疹は増え、痒みは増してきていた。
脇下にも赤い点々が見受けられ、片脇は皮膚が剥がれ
毛にまとわりついていたのを見つけたときは「ヤバイ」って思った。

ジンマシンらしい。
原因は不明だとのこと。

疲れか食べたモノのせいかも、とのこと。
いえいえ先週は暇過ぎて、逆に眠れないくらいでしたよ?
食事はコンビニ率90%以上なので、それかもしれない。
やっぱ身体にはあまり良くない食べ物らしい。

とりあえず飲み薬と塗り薬を処方してもらった。

薬局の親父店員が面白い人だったな。

薬局親父
「じゃあ、塗り薬と飲み薬2種類を4日分出しときますね」


「はい、ありがとうございます」

薬局親父
「こっちの飲み薬は寝る前に飲んで下さい。
 そっちの飲み薬はね、痒みが止まらないときに飲んで下さい。
 7粒出しとくけどね、飲むのは2粒までにしといて」


「ん?」

薬局親父
「すごいよく効く薬なの。だから2粒までにしといて。ね?」

俺 心の声
『なんだ?全部飲めって誘ってんのか?』

ダチョウ倶楽部 上島氏の熱湯風呂を前にしての一言
「お前ら危ないから絶対押すなよ」
が脳裏をよぎる。


「ちなみに全部飲んだらどうなるんですか?」

薬局親父
「高いところ登ったら落っこちちゃう」

…面白そうじゃないですか。
そそる言い方で誘ってますね?

会社に戻って早々に1粒飲んだった。
眠くなる。
痒みが止まるというよりも、長風呂でのぼせた感じ。
全身の感覚が鈍り、結果、痒みを感じないということか。

面白い自分になりそうだと感じながらも、
おいしいんじゃないの?と感じながらも
最近めっぽうロウ・テンションな俺はあれから薬を飲んでない。

そんなもんだ。

【TV】「水曜どうでしょうリターンズ」最終回

日曜深夜、「水曜どうでしょうリターンズ」の最終回を見る。

ようやくである。
一昨年の暮れに偶然放送に気付き、見てきた番組だ。

我が実家のある県は今、「水曜どうでしょうCLASSIC」を放送している。
ヨーロッパ完全走破の旅の途中だ。

番組当初と最終回を見比べてビックリ。
ミスター当初はあんないっぱい喋ってたんだ。

場所は違えど、同じ業界で働く人間。
スタッフ的には大変つらいと思うけど、
毎週、放送が楽しみな番組だ。

チーフDとDは局員なのかな?

愛犬の笑顔

昨夜、ツタヤにDVDを返しに行こうと家を出た。

煙草を自販機で買った。

愛犬が父と散歩してるのが遠くに見えた。

ツタヤへ向かうと、父が遠くで俺の名を呼んだ。
振り返ると、愛犬が俺を目掛けて一直線で走ってきた。
ものすごい笑顔で。

真っ暗なのに、よく俺だと分かったね。
後ろ姿だけで、よく俺だと分かったね。

その笑顔で俺は強くなれる。
幸せになれる。
君を失うことがホントに怖い。
我が家は君を幸せにできてるかな?
我が家に来て良かったと思える? 
その笑顔をありがとう。

って親バカ。

ニキビ的な何か:Huan(不安)

去年7月のモブログだけお引越。

過去記事を見てて思い出す。

そうだ。先月、左人差し指の感覚が変だったんだ。
常時しびれている感じ。

気がつかないうちに治ってた。

その代わりじゃないけれど、
お尻や陰部の近くに、赤いニキビみたいなデキモノを確認。
腕にもあったりする。

この季節にアセモ?
ダニ?

それともエイズ的な何か?

こわい、こわい。怖いよ。

職場恋愛の可能性 と 寂しい週末

最近、気になる同じ部署の子に話しかけられる。

部屋には寝ているスタッフ×2と俺と彼女状態。

飲みに誘おうかと思った。
いきなりね。
警戒されるだろうなぁ。
そんな行動力、今の俺にはない。

週末、家で映画DVDを観て過ごす寂しい男だから。

路上エレクトーン・プレーヤー

ここ最近、遅めの出社。

もう会社行かなくていいんじゃないかってくらい、
帰りのラッシュに逆らっての出社。

地元近くの駅で久しぶりに、
路上でエレクトーン(?)を弾いてる人(※11月19日)を見た。
この3日間で2回。

また坂本龍一系のメロディアスな曲を弾いていた。

いつかゆっくり聴いてみようかな。

映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」

4月1日(土)
「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観る。

面白い。

銀河ヒッチハイク・ガイド
ケータイはコチラ→銀河ヒッチハイク・ガイド

映画「SAW2」

3月31日(金)
「SAW2」を観る。

SAW2(DTSエディション)
ケータイはコチラ→「ソウ2」
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)