【転載】へっぽこ業界人の家計簿 1月分

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月5日(木)

■交通費 620円■缶コーヒー 120円■たばこ 270円■ジャンボフランク(150) チーズまん(140) 290円■松屋 豚丼(大盛) 円■缶コーヒー 120円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月6日(金)

■交通費 620円■立ち食いそば コロッケそば 390?円■たばこ 270円■雑誌「日経エンタテイメント」 500円■たっぷりチーズバーガー 155円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月7日(土)

■たばこ 270円■缶コーヒー 110円■缶コーヒー 110円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月8日(日)

■交通費 830■たばこ 270■カレーライス 380■缶コーヒー 100■CAFE de CRIE カフェ 231■交通費 620■DVD-R(10枚)×2 1996■CD「浜崎あゆみ(miss)understood」 3990■たばこ 270

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月9日(月)

■交通費 620円■立ち食いそば コロッケそば 370円■缶コーヒー 120円■交通費 620円■たばこ 270円■缶コーヒー ポテチ(コンソメ) 234円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月10日(火)

■交通費 620円■缶コーヒー 100円■ココイチ カレーうどんセット 円■たばこ 300円(マル金ライト)■缶コーヒー 110円■交通費 620円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月11日(水)

■交通費 890円(仕事現場直行のため-円)(仕事バス400円)■マック ソーセージマフィンセット 430円?■交通費(私用田ば→西川→こ町)円■交通費(仕事田ば→は門→会社)円■お気に入り店パスタセット 1000円■カフェオレ 円■缶コーヒー 120円■缶コーヒー 120円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月12日(木)

■缶コーヒー 120円■豚せいろかき揚げ丼セット@小諸そば 680円?■たばこ 270円(間違えてスーパーライト)■缶コーヒー 120円■缶コーヒー 120円■交通費 620円■たばこ 270円
→計 2220円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月13日(金)

■交通費 620円■缶コーヒー 100円■たばこ 270円
→計990円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月14日(土)

■紙パックコーヒー 100円■交通費 620円■ダブルテリヤキバーガーセット@ロッテリア 530円■たばこ 270円

→計 円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月15日(日)

■たばこ 270円■缶コーヒー 110円

→計 380円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月16日(月)

■交通費 620円■缶コーヒー 100円■たばこ 270円■缶コーヒー 110円■冬天ぷらセット? @小諸そば 480円■たばこ 270円■夕飯 2778円?(おごり)■交通費 620円■たばこ 270円■チョコ(CRUNKY Excellent) 295円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月17日(火)

■交通費 620円■コロッケカレー@立ち食い 490円■缶コーヒー 100円■たばこ 270円
→計 1480円

※コロッケカレー(490円)とカツカレー(500円以上)
この2品の差は貧乏人にはデカイです…。
ライブドアが昨日1日で1500億以上の損失を出したらしいけど、貧乏人にはピンときません。
カツカレーが何年分、食べられるのでしょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月18日(水)

■交通費 830円(仕事片道320円or450円→往復分ここから引き)■缶コーヒー 120円■肉まん ツナサンド 290円■たばこ 270円■交通費 620円■特撰ミックスグリル弁当 500円

※やっと気付いたんですが、定期券を買ったほうがいいんじゃないか?オレ。
通勤にかかる交通費が出ないという虐待を受けているわけですが、
忙しいときなど家に帰れず「1か月間ずっと仕事」とかもあり、
先走って定期券を買ってしまうと、ずっと帰れないときは2重にへこむわけで、購入は控えてたんですが、
今の番組を担当してるうちは帰れる日が多いことに気付きました。
家計簿つけてて良かった♪
今月末から定期にしよう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月19日(木)
■交通費 830円■たばこ 270円■唐揚げ丼セット@小諸そば 480円■缶コーヒー 100円■チョコスティックパン 200円(くらい)■交通費 620円■和風きのこパスタ 380円

※最近「小諸そば」にハマってる。
もりそばをゴマダレでいただく「ごまだれせいろ」や
鴨せいろの豚肉版「豚せいろ」など美味ですわ。
正直、今は毎日「小諸そば」でもいい♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月20日(金)

■たばこ 270円■交通費 620円■缶コーヒー 120円■交通費 710円■たばこ 270円■コンビニ 1315円(ボリュームのり弁当 480円 チキンナゲット串 円)(雑誌「DVDでーた」 360円 雑誌「DVDVISION」 370円)

※なんか遊んでないのに、楽しんでないのに
金ばっか出ていくような気が…
たばこは止められないにして(←根性なし)
外食をもっと安いのにすればいいのでは!?カップラーメンとか。
独りで食べるときなら、そんな食事でOKでしょう?
まぁ寂しいですけど。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月21日(土)

■たばこ 270円■缶コーヒー 110円
→計 380円

※今日の出費は380円のみ。少しは平均下がったかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月22日(日)

■缶コーヒー 110円■たばこ 270円
→計 380円

※またまた家でゴロゴロしたと一日。
明日はテレビのブースターを買おう。
昨年の春頃から自室のテレビにノイズが発生するようになったのに放ったらかしだった。
ブースターで復活じゃい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月23日(月)

■たばこ 270円■交通費 620円■かき揚げそば@立ち食い 340円■たばこ 270円■缶コーヒー 110円■交通費 620円■書籍「容疑者Xの献身」東野圭吾 1680円

※今日はテレビのブースターは買わなかった。

だが、しか~し!!!
「容疑者Xの献身」(by東野圭吾)を購入!!
久しぶりの書籍購入だ。文庫本「流星ワゴン」以来。

やはり寒い日は読書に限るのだよ。ムハハ。
電車のなかでブログのネタを考えるなんて、非生産的な作業なのだよ。
俺様は書籍から知識を吸収するのだよ(ミステリー小説だけど)
ムハハ!

…なんでこんなテンションなのか自分でも分かりませんが、
このメールを書いてる時点で半分以上読んでしまいました。
明日、電車に乗る前に読破してしまいそうな予感…。

俺はなんて自己管理のできない人間なのか…。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月24日(火)

■たばこ 270円■缶コーヒー 120円■交通費 620円■缶コーヒー(無糖!) 110円■交通費 620円■コンビニ 798円(TV taro 320円 たばこ 270円 チキンナゲット串 105円 スコーン・バーベキュー味)

※今日は買う気マンマンだったにも関わらず、電機店閉まってました……。
22時以降も開いてたのを何度か見ていたので、ろくに確認してなかったんですが、
全ての売場が遅くまでやっているわけではないようだ。
2件行ったが両方とも売場閉まってた。当然、どうしても欲しくなりました。
(人間って不思議ですね)
明日こそゲットです!!

話は変わりますが、突然、無性に食べたくなるお菓子ってありませんか?
自分の場合、それは「とんがりコーン」であります。
あの薄めの味とサクサク感、無意味に指を入れたくなる衝動。
奴は突然、何の前触れもなく俺の脳内に現れます。

富樫慎二みたいな野郎です by容疑者Xの献身(←結局、昨日全部読んじゃいました)

今日も奴は帰宅途中の脳内に現れ、俺をコンビニへと誘いました。
今日は何も買わないつもりだったのに…。

しかし非常事態発生。
売ってなかったんです、とんがりコーン。
あの偉大なるスナック菓子を置いてないとは何事か!!
などと憤りながらも、さすがに三十路手前の「中年親父予備軍」がアルバイト君に向かって
「やい!とんがりコーン をよこしやがれ!薄味のとんがりコーンをよこしやがれ!」
とは言えないし、深夜に寒空の下、薄味のとんがりコーンを買うためだけに別のコンビニに行く気力はなく、
代用品として、スコーン(バーベキュー味)購入案が独り脳内会議で可決されました。
結構モノワカリのいい衝動君たちです。

久しぶりのスコーン(バーベキュー味)を美味しくいただきました。
でも、食べたかったな、とんがりコーン・・・。
指に挟みたかったな、とんがりコーン・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月25日(水)

■交通費 620円■缶コーヒー 120円■マック チキンフィレオセット 530円■たばこ 270円■交通費 620円■コンビニ 707円(ベーコンとソーセージのペペロンチーノ)(鶏つくね卵とじロール)(ロッテ チョコチップクッキーサンド<アイス>)

※遂にテレビのブースター売場に!!
しかし店員さん「ブースター付けても正直あまり変わらないですね~」
………って、おい!
「取りあえずケーブルを代えてみれば?そのほうが経済的ですよよ」とのこと。
…なんか前も同じこと言われてケーブル買い直した気が…。
ケーブルの必要な長さを家で確認してからと言って退却。
もう10年も使ってるブラウン管テレビだし、もうちょっと待って地デジテレビに乗り換えようかな?
貧乏な僕にとって「もうちょっと」というのは3年後くらいを指すのだけど…。
それまでノイズに耐えられるか!?

ちなみに電器量販店で気付いたことが。
薄型テレビって10万円越えるってイメージあったけど、
地上波デジタル放送対応でなければ、20インチ以下なら4~6万円で買えるんですね!
プラズマテレビとか液晶テレビとかは未確認。
思わず「安っ!!」てつぶやいちゃいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月26日(木)

■交通費 560円■缶コーヒー 120円■たばこ 270円■コンビニ 円(パン×1 肉まん×1)■オロナミンC 100円■交通費 620円■コンビニ 1027円(特製ミックスグリル弁当 500円)(缶コーヒー 120円 たばこ 270円 アイス 円)
→親に30000円返す

※電車でトラブルがあり、安くなる。クレームつけようと思ってたが「買収」される。

同僚が「オロナミンC狂」で、それに感染し、たまに無性に飲みたくなる。今日もオロナミンC病が発病した。

アイスは昨日と同じ商品。旨かった。バニラの濃厚さとクッキーのサクサク感にハマる。
やべぇ最近食い過ぎだよ…

飲みたくなる、なる。オロナミンC!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月27日(金)

■交通費 620円■缶コーヒー 120円■たばこ 270円■交通費 620円■松屋 豚丼豚汁セット(大盛) 590円■レンタルビデオ屋 1100円(大塚愛「LOVE COOK」)■缶コーヒー 120円

※久しぶりに松屋で食べた気がします。豚汁はやっぱ美味いっ!!!
今日初の食事が21時@松屋だったので、つい大盛を頼んだのですが、量多っ!!
満腹で電車に揺られました。
寒い日は豚汁ですなぁ。

新規オープンのビデオ屋さんで映画とCDアルバムとHなビデオを借りました。
大塚愛「LOVE COOK」は特典DVD目当てで購入しようか迷っていたのですが、
レンタルで済ませてしまいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月28日(土)

■缶コーヒー 110円■たばこ 270円■交通費 710円■飲み・飯代 3500円■サイゼリア 600円■交通費 440円■コンビニ 1700円(たばこ 270円 缶コーヒー 120円 苺クレープ)(雑誌「ファミ通」 350円 雑誌「iP」 800円)

※友達らと飯食べました。焼肉のはずが鍋に。カムジャタン鍋。
(※カムジャとはジャガイモのこと。豚の背骨を長時間煮込んでスープを取り、ぶつ切りのジャガイモとエゴマの葉やネギなど加えて煮込み、唐辛子、ゴマ、ニンニクなどでピリ辛味に整える)←参照させてもらいました
ノーマークな食べ物だったんですが、美味しかったです!!
辛めで身体がポカポカに。鍋はいいね♪
店内に芸能人のサインがいっぱい貼ってありました。 

ゲーム雑誌「ファミ通」を買う。
バイオハザード4の情報載ってるかな?なんて思っていたら、時すでに遅し。
でも2005年発売のオススメゲームが紹介されていた。
何か買おうかな…。

雑誌「iP」は『WMV動画のDRMを完全に解除!』という特集に惹かれ購入。
Gyao動画とかミュージックプロモをダウンロードしたいのだけれど
まず「DRMって何!?」から始まる俺。先は長い…。
旨いのか?それは。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月29日(日)

■缶コーヒー 110円■たばこ 270円
→計 380円

※出費少ないですね。
でも、こんな日は書くことがないのです。家でゴロゴロしていたのだから。

家計簿でもお分かりのように缶コーヒーが大好きです。多い日は4本くらい飲みます。
無糖ではないのできっと糖分摂り過ぎですね。

飲物は基本的にコーヒーか烏龍茶。それ以外は月に一度飲むか飲まないですね。

コーヒーが飲めば飲むほど健康になるような飲料だったらいいのに…。
よく思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月30日(月)

■缶コーヒー 110円■たばこ 270円
→計 380円

※このダラダラした2日間は今の俺にとって必要だったと思いたい。
そうしないと可哀相すぎるよ、自分が。
ってか、何かしろよ!!

ちなみにドラゴンクエスト8を始めからやってみました。
メタルギアソリッド3を始めからやってみました。

それでいいのか?自分。
充実した休日だったか?自分。
スポンサーサイト

映画「ノロイ」

1月28日(土)映画「ノロイ」を観る。

ノロイ プレミアム・エディション

怪奇現象を取材する映像作家・小林が姿を消した。
出版社に1本のビデオテープが届く。
ラベルには「ノロイ」と書かれてあった……。


本作はドキュメンタリー形式の映画だ。
俺ら観客は、映画のなかで「ノロイ」というドキュメンタリーを見る。
トゥルーマン・ショー」や「ブレアウィッチ・プロジェクト」と同じ『二重構造』の映画だ。
個人的には好きなタイプの映画だ。
リング」と同じプロデューサーらしい。

この映画は観る人を選ぶ。
週末に「何か映画でも観ようかしら」なんて感じで観る映画ではない。
ハリウッド映画のようにこれ1本でお腹イッパイにはならない。
また、それほど怖くない。ビックリする映画でもない。
「女優霊」のように後を引く恐さもない。
カップルで観る映画でもない。見ても話が盛り上がらないと思う。
単館系の映画を好きな人か、ハリウッド映画を何本か一緒に借りた人にオススメする作品だ。

『小林』という人物が実在するのかどうか知らないが、
彼が主役であることが、この作品にリアリティを与える反面、
大衆向け作品としてはマイナスになっている。
役者としての存在感、知名度の低さが、
逆に『映像作家・小林』をリアルな存在にしているが、
彼は観客を2時間もの間、スクリーンに引き付けておくのは難しい。

呪怨」「弟切草」の奥菜恵、「輪廻」の優香、「着信アリ」の柴咲コウ。
彼女たちのような『怖がる若い女』が松本えりかだが、
観客を呼ぶには知名度の低い女優だ。
彼女は売れる前の妻夫木聡と「ミニストップ」のTVCMに出てた。
ファイナルファンタジー10」でリュックの声を担当していた。
今、山田優と「バタフライキス」でも声優を務めている。
結構タイプなので、個人的にはこれからも頑張ってほしい。

アンガールズはほんのちょっとしか出てこない。
彼らである必要性は全くない。
この映画のロケ後にブレイクしたのだろう。この映画のCMではメイン役者のような扱いになっていた。
アンガールズ目当てで観たファンは可哀相だ。

物語は小林が取材をするシーン、その取材テープの映像を中心に断片的に進んでいく。
映画自体が「小林が失踪したあとに残されたテープ」なのだ。
嘘の現実がさも真実のように展開されるのは嫌いじゃない。
だが、断片的な展開は観客の感情移入を遮ってしまうな。
また、結末に繋がってくる伏線が「小林の取材テープ」に収録されていたのはどうかと思うよ。

宮部みゆきの「理由」が好きな人はグッとくるかもしれない。
事件の中心に光を当てるのではなく、
一見、事件とは関係ないような出来事をつなげていくことで、
徐々に事件の本筋が浮かび上がってくる…
そんな「理由」と同じ手法を使っているからだ。

こんな映画があってもいいと思う。
ハリウッド形式ばかりじゃ食傷気味になってしまう。
こんなホラーがあってもいいと思う。
俺は嫌いじゃない。ヒットはしないと思うけど。
同じ映像業界にいる自分としては、携わりたい作品だ。
けっこう金がかかってる。美術費、ロケ地代がけっこうかかってるぞ、コレは。
ノロイ
ノロイ プレミアム・エディション

効率的な恋の仕方

1月27日(金)22時頃、帰りの電車でとても可愛い子を見かけた。

meetsgirl

しかめっつらだったけど、小顔でとても魅力的な子だった。
誰かに似ている。
芸能人なのか、過去に何かの関係があった子なのか
それはどうしても思い出せない。
彼女が電車を下りるとき、目は前を向いているも、
意識は周囲を気にしていた。
うちの犬がよくするから分かる。
俺以外の男性みなが彼女の可愛さに見とれていたから、
彼女はそれに気付き、身の危険を感じたのかな。
綺麗なのもいいことばかりじゃないね。

また彼女に会う確率は限りなくゼロだろう。
もし会っても、きっと俺は今日会ったことを忘れているだろう。
そして、また恋に落ちるのだろう。

ものすごく非生産的であり、ものすごく効率的である。
幸せ者といえばそう。馬鹿といえばそう。
叶う叶わないは関係ない、妄想だけで満足すればそれでいいんだ。

アマゾンにフラれるも、売上は好調です

最近、新しいblogを始めた。

以前に書いた「似たような」ブログだ。 (※1月15日参照)
アフィリエイト前提で、前のブログと内容的には近いのだが、
初日から50人アクセス越えしていた前回のようにはいかず
苦戦を強いられている。

前ブログは1日1000アクセス程度で
アフィリエイト商品を入れ始めたけど、
今回はその10分の1も行かないなかで始めようとした。

そしたら、なんと!
アマゾンに断られてしまいました!
……そんなことあるんですね。知らなかった。

途端に更新するモチベーションが低くなってしまいました…。
あ~あ。

■■■

アクセス数は減少してきているものの
まだまだ1日数百人を呼び込んでくれる前ブログ。
売上も好調であります。
先日、1日で本ですが10冊売れました♪♪
全て受験関係だったので高校生かと。感謝です!
早くもレベル2(料率3.50%)!!
ノートパソコンの紹介料がいくらになるか楽しみだ。

やはり前ブログ、活動再開の日は近い!!

「故郷」

土曜日、久しぶりに大学時代の友人たちと会った。

それぞれの近況を語り合う。
親友と呼べるほどに仲が良かったのに、話はあまり盛り上がらなかった。
それは「今」を共有していないから。
違う道を歩み、忙しい日々を送っているから。

かつては、同じ戦線にいた仲間たち。
同じものを見て、笑い、語り合った仲間たち。

今は居る場所が違う。見るものが違う。目線が違う。
職場で出会っていたら、あそこまで仲良くなっていなかったかも、とすら思う。
だけど、人生で一番輝いていただろう時期に出会ったことは事実であり、
人としての根底は変わっていないんだと思う。

馬鹿で無責任だったあの頃とは違う。
俺らが今、立っている場所は、もう戦線ではないんだな。

それぞれがそれぞれの場所で戦っている。
守るべき家族を持った奴もいる。

俺らの絆は、きっと戦線を越えて、
疲れた身体を心を癒すために立ち寄る居場所。
「故郷」になったんだと思いたい。

たまには、こうして肩を並べて飲んで♪
ほんの少しだけ立ち止まっていたいよ♪
(by WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~)

オムニバス/THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-

卒業後、まだこうして会っていることは大事なんだと思う。
50歳になっても、奴らと会っていたい。

楽しかった日々を忘れないために。
輝いていた時間を忘れないために。
俺を失わないために。

kokyou

2005年俺的アカデミー賞最多全部門受賞

2005年俺的アカデミー賞最多全部門受賞のアイツが…
2005年俺的グラミー賞最多全部門受賞のアイツが…
またやってくれた。

教えてあげたんだ、アイツ宛に連絡が来たことを。
ずっと待ってると言っていたから。
先日、ついに先方の別の人間に立場違いにもクレーム的発言をしたから。
奴を野放しにしておくと、俺が築いた先方との関係を壊されそうだったから。

俺の(優しさだけではないが)心温まる報告を聞いてアイツはこう言った。

「あぁ」

………。
怒。
怒、怒。
怒、怒、怒。

「あぁ言われなくても分かってる」
そんな「あぁ」だった。

俺とお前は友達か。
俺はお前の後輩か。
俺より仕事ができるのか。
ただ今の部署にお前が早くいただけだ。
業界経験値も能力も人脈も全て俺が上だ。
一応、気をつかってお前を単なる後輩扱いはしてないだけだ。
勘違いするな。
俺の上に立った気になるな。
都合のいいときだけ、自分が女であると主張するな。
お前が言ってる他人の悪口は、皆お前に当てはまることなんだ。
もっと自分を見ろ。
自分がされたらどう感じるかを考えてから他人と接しろ。

……すいません。取り乱しました。
2005年度だけじゃない。
奴は俺の人生で出会ったなかで最悪の人間なんです。

人との出会い運(特に仕事関係)は恵まれていて、
俺が未だこの業界にいれるのは
たくさんのいいスタッフと出会い、支えられてきたからだと思うんですが、
奴との出会いは俺の人生初の汚点。
様々なストレスを与えてくれます。
俺になぜ嫌われているか、
そして俺以外にもほとんどのスタッフにも嫌われていることを
全く自覚していないのが更に苛立ちます。

俺のいる業界は一般のサラリーマンの方たちほど、
ストレスがない仕事だと思いますが
奴の存在は、それ自体が俺にストレスを与えます。

こりゃあ、2006年度も俺的アカデミー賞最有力候補だな。

きょうのできごと

先輩の結婚話を聞く。
準備が色々大変なんだなぁ。
彼女は嬉しい悲鳴をあげていた。メデタイな。

新人君が同僚女性に他愛もないことで話しかけていた。
ここにも花が咲くのかな?

大学仲間との飲みセッティング。
久しぶりに思い出話をしたい。

電車が事故で遅延。
その段取りの悪さに腹が立つ。
遅れてるなら、他の鉄道会社の路線でもちゃんとアナウンスしてくれ。
その駅で下りる客の半分以上が、その他の鉄道会社の列車に乗り換えるんだからさ。

凹んで凸って

今日は仕事で初体験を。
今の部署で始めてだった。部署が変わると色々と仕組みも変わる。
12月の仕事の成果が出る日でもあった。
お疲れさまでした。

年末仕事の特別手当のことも確認した。
言うことは言わなきゃね。

残念なこともあった。
それはせっかく書いた企画書類を提出しなかったこと。

そして暇になりそうだったのに仕事を振られたこと。
ムムゥ……。

管理部の女性が、俺の担当業務の確認を
同僚に連絡して済ませたこと。
別にいいけどさ。
そんなに俺にケー番知られたくないのかよ。
俺も別に知りたくないわ、でも仕事だろ。
負け惜しみみたいに聞こえるな。

あの子 in エレベーター

今日は久しぶりにあの子に会いました。

というか見かけました。
前の仕事のスタッフの子です。お友達と一緒。
もうお話をする関係ではありません。

エレベーター前で遭遇。
混んでいたので俺の目の前に立った彼女。
うなじとちょっと見えた首回りが色っぽかった(←変態)
3人兄弟の真ん中らしい。♂1♀2らしい。

何度も機会がありながら、話はしながらもお近づきにはなれなかった彼女。
やっぱカワイイなぁ……。

最後の最後に振り返ったような気もしたが、
それは警戒心から来るものだったのかもしれないね。

anoko02

「アンフェア」と「西遊記」

フジテレビ系列「アンフェア」を見る。

普段ドラマを見ない俺のなかでも、期待度が高い作品だったのだが、
「古畑任三郎」を予約録画したさいに、
火曜21~23時の毎週録画予約を削除してしまったのだ。
なぜ予約録画しているのかと言えば、仕事だから
結局いつも見ないんだけどね。
仕事が一段落したこともあって今期は見てる。

3回目から見る。面白かった。今期1番じゃないか?

ひとつの連続殺人事件、ひとりの犯人を追って、最終回までいくのだろうか。
マスメディアと殺人事件を関連付けて描くのも俺のツボ。
雫井「犯人に告ぐ」を思い出した。
口のきけない(?)女の子に泣く。
今後の展開が楽しみな作品だ。


録画したフジテレビ系列「西遊記」第3話を見る。

夢を食うバクの話。夢と現実に関する話も俺のツボ。
香取慎吾演じる、孫悟空の台詞に泣く。脚本家・坂元さんはやっぱスゲエ。

「お前の見せている夢はみんな明日を奪っている!」
「お前の見せている夢は本当の夢じゃない。夢を諦めた奴が見る夢だ!」
ドキっとした。

俺の描いてる夢はどっちだろう?
これから叶えていく夢なのか。
それとも、ツライ現実から逃げるための夢なのか。
後者じゃないのか。
一人妄想の世界のなかで生きている。
そして、その境界線が曖昧になっている。
いつか俺は突拍子もないことを言ってしまうんじゃないか。
現実とは掛け離れた話。
当然のことながら、周囲には受け入れられず、狂人として扱われる。
社会と俺個人の認識する世界の相違。
ヤバイ、ヤバイ。そっちの世界はヤバイ。

気付かせてくれて感謝です、坂元さん。

陶芸家に憧れて

陶芸したい!

お皿作りたい!
お茶碗作りたい!

「ザ!鉄腕!DASH!」を見たせいだと思われる。

有休取れたら、益子焼きでも作りに行こうかな。
(きっと独りじゃ行かないんだろうけど)

もし一般企業に勤めていたら、
今の俺なら陶芸教室に通っちゃうね。

(美人OLとの出会いもあるかもしれないし…)

アフィリエイト報告

昨年12月から放ったらかしの別ブログですが、
今でも1日に500人程度のアクセスがあります。
1月中に14点ほどアマゾン商品が売れました。
月に何十万円稼ぐブログ様から見れば、どうってことないんでしょうが
俺にとってはハッピーお小遣!

ノートパソコンが売れてたのはビックリ。
商品への直接リンクではなく、マーケットプレイス商品だったので
紹介料は1%台だったのですが、それでも3000円!!
ウケ~~~ッ!!(嬉)

買っていただいた方に感謝するとともに
「やはり、あのブログは早々に再開しなければ!!」
と誓った1日でした。

夢 in バイオハザード

今週みた夢。
dream20060120


バイオハザードを土台に構成された物語。
とても長い夢だったのを覚えている。

見知らぬ仲間数人と冒険してた。
バイオハザード前提で、何のためとか全く説明がなかった。
ご丁寧に仲間が順番にドラマチックに死んでいった。

夢中盤、仲間の女性が行方不明になる。
歳は40代前半。
その女性には夫がいた。
彼の妻を捜しながら冒険は続いた。

夢終盤、薄汚い研究室に着く。
警戒しながらゆっくりと進む俺ら。
その部屋には敵(怪物?)がいなそうだった。
入り組んだ部屋の向こうのガラス越しに
手術着を着た医者的な人間が2名いた。
手術をしているようだった。
俺らのいる場所からは患者は足しか見えなかった。人間に出会えて安心する。嬉しくなる。

「手術を受けてるのは妻じゃないか。治療を受けてるんじゃないか」
夫がそう言いながら手術台のほうに向かって行った。

そのとき、とても嫌な予感がした。

夫が患者の元に着こうかというとき、
その患者が突然、起き上がった。
いつの間にか医者の姿が消えていた。

足から上の皮膚を剥がされていたソレ。
皮膚の下は機械だらけだったソレ。
なぜか俺にはソレが妻だと分かった。
ソレは夫に襲いかかった。
夫は死んだ。希望に溢れた顔のまま。
死に顔を見て、俺はとてもつらくなる。

元は妻だったソレが俺らに気付く。
襲いかかってくる。
突然、全てが2Dになる。
肉眼で見ているはずの世界がアニメ調になる。
実写映像から2Dアニメにスムーズに編集されていることに感心する俺。

どうにか怪物を倒す。
足より上は機械の身体だったはずのソレ。
いつの間にか人間の顔になってた。
そして、目が溶けだした。
ウジムシのような繊維状のモノが、妻の目の奥から溢れ出てきた。
イソギンチャクのようにウネウネと動いていた。
白目が溶けてゼリー状になって膨らみ始めた。
次に寄生する獲物を見つけたかのように
イソギンチャクは目から離れて何処かへ。

とても気持ちの悪い映像。
夢の中の俺はじっと見ていた。
そして、CGの動きを確かめようと巻戻し再生をした。
目前の景色が逆回転し、イソギンチャクは目の中に戻っていった。
今度はヨリ絵で、妻の目周辺だけのアップ画面で、
イソギンチャクが目から溢れ出した。

夢のなかでバイオハザードの世界を実体験しているのか。
夢のなかで映画を観ているのか。

この夢は、PS2「バイオハザード4」と
映画「アイランド」(妻が手術を受けてるところは、
この映画で主人公が仲間が手術台で殺されるのを目撃するシーン)
映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」(妻が怪物になるところは
この映画で妊婦がゾンビになるシーン)
などから影響を受けているのだと思う。

バイオハザードをプレイすると毎回必ず夢に出てくる。
恐るべし。

夢 in 欲求不満

先週みた夢。
dream200601


見知らぬ女性とHしようとする夢だった。
しかも♀3対♂1。欲求不満だね、俺。

会社の先輩と一緒に風俗(だったのかな?)へ。
普通の団地の一室だった。

なぜか先輩♂とシャワーを浴びていると、
先輩のケータイに連絡が来て、用事ができたとのこと。
彼はシャワー浴びただけで帰っていった。

「やべ~4Pだ。ウシシ♪」などと
ウカれながら女性陣が来るのを待つ。

黄色いバスタオルを巻いた女性と、
赤いバスタオルを巻いた女性、そしてもう一人がやって来た。
俺の前にあったソファに座る。

彼女たち越しの窓に対面の団地が見えた。
あれは、きっと幼少時に住んでいた団地から見えた景色。

そこで目が覚める。

何のために先輩とあそこに行ったのか?
何で先輩と2人で行ったのに女性は3人来たのか?
なぜ3人目の女性の印象が全くないのか?
夢はいつも矛盾だらけ。不思議だらけ。

テレビ三昧な日曜日(ドラマ)

録りためていた連ドラを見る。

■フジテレビ系列「西遊記」
美術費かかってるなぁ。
初回視聴率30%越えてたね。
氷川あさみがいい。
チャイナドレス似合ってるじゃないか。
香取慎吾の演技もいいね。
最後まで見るかは微妙。


■日本テレビ系列「喰いタン」
面白かった。東山がナイスキャスティング。
食べ物系はテレビと相性がいいよね。
これは最後まで見るかも。


■TBS系列「ロンド」
これも金かかってる。
初回はチェ・ジウと妹とのシーンは韓国ロケじゃないか?
アングルの切り方が連ドラっぽくない。
フィルム撮影っぽいし。
フィルター重ねまくってる。
パカパカを気にしなきゃいけないテレビ番組で
結構、細かいカット重ねてます。スゴイ。
映像的には好きな感じ。
国産連ドラの嫌いな部分、薄っぺらい画角が少ない。
引きの絵も多い。
頑張れ!
マフィアとか実感沸かないな。
でも竹之内豊は好き。
チェ・ジウがカワイイことを知る。
でも片言の日本語話すと途端にマッサージ嬢に見えてしまう。


「ロンド」が一番最後まで見る確率高そうだな。

テレビ三昧な日曜日

■「ザ・鉄腕DASH」を見る。
DASH村で採れた米で日本酒を作ってた。
秋鮭の塩焼きの燻製を作ってた。
「徳利(とっくり)」や「おちょこ」を作ってた。
美味そうで楽しそうだった。
アーリーリタイアして、スローライフができたらなぁ。


■「動物奇想天外」見る。
盲導犬の取材レポートに泣く。
北海道に盲導犬としての役目を果たした老犬が
余生を過ごすボランティア施設があるらしい。
自宅で老犬の介護を引き受けるボランティアの方々がいるらしい。
皆さんの活動をもっとたくさんの人たちに
知ってもらいたい、理解してもらいたいと思う。
目の不自由な方と2年ぶりに再会した盲導犬が
主人のことを覚えていて、駆け寄るシーンに涙が止まらなかった。
老いて足を引きずりながらも駆け寄っていった。


■「バンキシャ」見る。
ライブドア堀江社長とライブドアショックのなか、
電話連絡を続けた日本テレビ・プロデューサーが出てた。
最近、遅れながらもライブドア広報に惹かれる。
先日、東京地検の捜索が入ったあと
疲れながらもテレビの取材に答える姿がちょっと可愛かった。
グレースーツに眼鏡姿。
眼鏡に萌えるとは、こうゆうことなのだろうか。

オレンジジュースの夜明け

20060122200315
一夜明けて。
冬の朝焼けが好き。夕焼けが好き。

オレンジジュースのような空。
果肉が沈んだような空。
すっきりとした味わいだ、きっと。
切ない純愛だ、きっと。
青春の1ページだ、きっと。

欲しい映画DVD忘備録 1月版

ティム・バートンのコープス ブライド特別版
2006年3月3日 2980円
日本国内興行収入:10億円
ティム・バートンと「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が大好きだから。
ゴシック調でいい感じ。
「ストップモーション・アニメ」ってよく分からない。
一見、CGなんだけどな。一枚一枚静止画で取り込んでいるんだろうか?
土台がCGなら、動画にしちゃえばいいじゃない?
静止画ならば、その意味があまりよく分からない。
特典のメイキング集でその答えが分かる??



トゥルーマン・ショー スペシャル・コレクター・エディション
2006年3月24日 4179円
俺の「生涯で好きな映画ベスト3」に入る映画。
渋谷ツタヤで中古のVHSを買ったのを思い出す。
当時はまだ映画を観るだけで購入することはなかった。
VHSは高いし、買うなら他の映画を観たいと思ってた。
なんと今回は特典でメイキング・ドキュメンタリーが!
しかも42分!!
よくある5分の番宣番組とかじゃない!
未公開シーン集(13分)も楽しみだ。



ミート・ザ・ペアレンツ2
2006年4月7日 3990円
日本国内興行収入:5000万円
大好きなロバート・デ・ニーロ出演作品。
「1」はそれなりに面白かったという印象しかない。
これはレンタルでいいや。



バス174
2006年1月27日 4935円
リオデジャネイロで2000年6月12日に起きた
バスジャック事件のドキュメンタリー。



NOTHING ナッシング
2006年1月27日 3990円
CUBE」や「カンパニー・マン」の監督ビンチェンゾ・ナタリの作品。
劇場公開時は全く名前を聞かなかったな。
いらないモノをこの世から消去できる能力を持つ2人組が主人公のファンタジック・コメディ。
あんまピンと来ないが、監督名で。
ハリウッド作品ではないようだ。製作はカナダと日本。
カンパニー・マン」はダメダメハリウッド映画だったからな。
CUBE」的なモノを期待。
レンタルで。



ノロイ
2006年1月25日 4935円
ドキュメンタリー調のホラーってことで。
プロットは面白そうだ。
レンタルで。



樹の海
2006年1月27日 3990円
群像劇。樹海に迷い込んだことで逆に
生きる希望を見出だした人々を描く。
名優・萩原聖人出てます。
ゴテゴテのお涙頂戴モノではないように(祈)
レンタルで。



ニライカナイからの手紙
2006年2月24日 4179円
「ニライカナイ」とは、沖縄に伝わる、水平線の彼方にある幸福の国、だそうだ。
これだけでグッと来る。
竹富島が舞台。
蒼井優主演。最近、この子よく聞くね。
見たことないけど、名優なのかな?

白雪



雪だ。雪だ。
さぁ全てを覆いつくして。

ゆっくりとした週末は映画でも♪

久しぶりに土日がお休みなのです。
取りあえず今日は家で映画でも観ようかしら♪
なんて思っていたら、近所のビデオ屋が改装中だった。

ふぁ~~~っく!!

不思議なもので、ビデオ屋が閉まっていると
ど~しても映画が観たくなる。
今日は絶対に映画が観たい!!
家にあるまだ観てないDVDではなく、
ビデオ屋で借りて観たい!
手に入らないと分かると無性に欲しくなる。
幸せになれないタイプだね。

結局、寒いので遠くの店に行く気にはなれず、
悶々としたまま帰宅。

迷惑音漏れ業者

電車内で音漏れしながら音楽を聞いてる人。
独りだけノっている彼ら。

「死ねばいいのに」と思うくらいウザイのに、
写メ撮って、専用のブログ作って、
輩を公表してやろうかと思うくらいウザイのに
煙草を規制したり値上げするのと同じくらいにシバいてくれと思うのに。
正直うらやましかったりもする。

あそこまで周囲の目を気にしない生き様。
自分が良ければそれでいいという自我の強さ。
憧れる。

俺は今は車内で音楽を聞かないし、
過去聞いていたときも、何度もヘッドフォンを外して、
音漏れを確認していた。
そんなんじゃあ、音には入り込めない。

俺もガンガン音漏れして平気になれば
他の部分でも変わるんじゃないか?
生き様が変わるんじゃないか?
幸せになれるんじゃないか?
だって今の時代、他人に迷惑をかけてでも幸せになった者が勝ち組なんでしょ?

でも本当は「違うよ」って言ってもらいたいだけ。

結局、サラリーマンは大変だ。

18日夜。
業務が終わり、11月下旬からの続いていた仕事がようやく終わった。
どうせ終電ないし、タクシー帰宅するし、
そう思い、会社で一息ついていると、
他部署の先輩がフラフラしながら会社に入ってきた。
「そうとう疲れてるなぁ」と思い、挨拶する。

何でも、酒を飲んでたとのこと。
何でも、さっきまで家にいたとのこと。
何でも、今日は家で作業をしようと一度帰宅していたとのこと。
だが上司から「今から来て」と連絡が入り、急いで来たとのこと。

25時だよ?

しかも、会社には資料を取りに来ただけで
これからまた出るとのこと。

25時だよ?

「どんな仕事だよ」と思った。
しかも、俺らなら未だしも、先輩はかなりの地位の人だよ。
改めて自分がいる業界がイカレてると感じた。

先輩、お疲れさまです。


帰りのタクシーで運転手さんと語る。
25時30分。俺にしては結構早い帰宅。
それでも運転手さんいわく、
この時間帯に乗る客の大半は我らが業界の人間か、
もしくはIT関連の方たちらしい。
19時台に帰社するのはここ4年で1、2回だと言ったら同情された。
でも、一般の方々は朝早いからね。
乗るだけで一日の体力使い果たしてしまいそうな
通勤ラッシュを毎日体験してるからね。
あれはスゴイよ。
俺は絶対、耐えられない。出社拒否を起こしちゃう。

働く時間帯は違うけれども、
やっぱサラリーマンはつらいってお話。

浜崎あゆみ「(miss)understood」

浜崎あゆみのアルバムを聞いておりますよ。

hamasakiayumi


5曲目の「(miss)understood」(タイトル曲)
6曲目の「alterna」

この2曲が好きです。
「(miss)understood」は「HANABI」を思わせるメロディアスな曲。
(「H」2002年7月24日発売に収録)

特典の写真集には、水着姿が載っていました。
う~ん、昔フラれた子によく似とる・・・。思い出す。
「HANABI」はその子にフラれたときによく聞いていた曲なので尚更。

音楽はメロディとともに時間を越えて記憶を呼び戻す。

【1月1日発売 新作CD】《送料無料》浜崎あゆみ/(miss)understood (初回限定)【CD+DVD】<2006/...

アフィリエイトblogネタ

また別のアフィリエイト・ブログのネタを思いつく。

トラブったブログの派生版だ。
これまたPCがないと不可能なのだけど、
趣味の要素も大きいし、楽しみながら続けていければね。

■■■

アフィリエイトではないけれど、
今月4日に作ったブログを削除する。
シェイプアップもしなくちゃね。

爆弾処理班さまに感謝

昨日の爆弾は電話1本で解体された。
しかし、あのキチガイのことだ。
来月また色々トラブルを投げかけてくるのだろう。

今回、全ての反省を活かし、次回にきちんとつなげよう。
お~っ!!

その爆弾に火をつけたのは自分自身

仕事のなかで、年末に早々に確認しなければいけないことが一つあった。

俺はそれを怠った。まだいいやと、後日でいいやと。
先方がキチガイみたいな方だったので話をするのが嫌だったんだ。
確認しなきゃ始まらないのに。
いつかは確認しなきゃいけないのに。
理由をつけては先延ばしにしてた。

そのうちドタバタし始めて、頭から離れていった。

今日、それが爆弾となり、火がついた。

全ては明日次第。決戦は火曜日。
鎮火できそうなものの、かなりの精神的ダメージを受ける。

得意分野ではないけれど、普段の俺ならば
早々に確実に、確認していたことだろう?
心配性だと言われるほどの「確認の鬼」だと自負してただろう?
それが俺に対する一番の評価だと分かっていただろう?
何故、ここまで放置していたのか?
何年、この業界にいるんだ?
爆発の被害は、ひとつひとつは小さくても、
全国にまで及ぶというのに。

ちょっと自分自身にガッカリです。

【転載】へっぽこ業界人の家計簿 ココロもビンボー

久しぶりに後輩に飯をおごってしまった。

といってもたいした額じゃないけれど。

後輩の手前「こんな少額、痛くもないわ。ガハハ!」

なんて言ったこど、帰りの電車のなかでクヨクヨする。

俺ってば、小さな人間。


全部、ビンボーが悪いんじゃー!

地震速報システム

TBS系列「夢の扉」にて「地震速報システム」たるものを特集していた。
地震を事前に察知し、関係各所に連絡するシステムらしい。
やる意義のある素晴らしい仕事だな。

このシステムが完成し、たくさんの人が助かるように。
僕もちょっとは助かりますように。

やっぱアフィリエイトはスゲェ

あの悪夢から早1か月(大袈裟)
アフィリエイト・ブログは完全放置なわけです。

でも、久しぶりにアマゾン・アフィリエイトを確認したら
まだまだ商品が売れ続けていた。

スゲェなぁ。
完全なる無労収入ですよ。
一度作ってしまえば、あとは放って置いても、勝手に稼いでくれる。
インターネットのいいところだね。
例えばもし、俺の給料分をアフィリエイトで稼げたとしたら、
単純にコピーロボットを手に入れたのと同じことではないか!(妄想)

ただ、カテゴリ・内容的には当たりだったあのブログ。
もし今も続いていたら…と思ってしまうわ。
似たようなブログを作成してみる?

■■■

それとは別に、新たなアフィリエイト・ブログを思いつく。
「一番売れやすい」と俺が勝手に思い込んでいるカテゴリ。
そして、ターゲットも「一番売りやすい」と思ってる主婦層。
括りとしては、俺の持っている本。

内容によるマニアック層の青田刈り。
全体として物販。

お気に入りアフィリエイト・サイトを見ていて思いつく。

イケるかな?イケないかな?
なにより飽きずに続けられるかな?

映画「ザ・インタープリター」

2005年12月24日(土)

映画「ザ・インタープリター」を観る。
ザ・インタープリター
演技が好きなショーン・ペンと
どんどん綺麗になっていくにコール・キッドマンの競演。
監督はシドニー・ポラック。
国連が初めて映画撮影に協力したそうだ。

内容は重厚なサスペンスなのかな。
構成、アングルなどはポラック監督だけに、
ちょっと古臭い感じがした。1980年代調。
でも、それが良かったたりもする。
安心して観ていられるからね。

ショーン・ペン演じるシークレット・サービスの過去、
ニコール・キッドマン演じる国連で働く通訳の過去、
2人の傷が後半に癒えていくのだけれど、
悪女みたいな感じを想像していた。

お腹がいっぱいにな大作ではないけれど、
雨の日にでも家でじっくり観たい映画です。

DVD特典で、シドニー・ポラックが画角について
延々と語っているのが、ちょっと面白かった。
そんなことここで言うなって感じがした(笑)
業界で働いている人間なら誰でも、その不満は感じてるんだ。
だけど、それを一般の視聴者に言って何になるの?って感じ。
なんか過去に画角サイズのことであったのかなぁ。



NEXT≫
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)