スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異変

最近、身体に異変を感じる。

意識し始めたのは6月初旬からだ。
そのときは忙しさMAXだったこともあり、
疲れによる体調不良だと思っていた。

だけど、違う。

あれからずっと続いてる異変。
ここ最近は、大きくも小さくもならず、ただ存在する異変。
しかし、昔の俺には、俺のなかには存在しなかったモノ。

いつからだろう。
俺が気づかなかっただけで、ずっと以前からあったのかもしれない。

1度マジで病院行ったほうがいいのかもしれないな。
スポンサーサイト

6月23日。

仕事にて大きな出来事があった。
かつて似たような経験がある。

過去のその経験は、確実に今の俺の人格に影響を与えている。
今回はどうだろうか。

些細な点のように見えて、実はとても重要な点。
今回はそれを意識していたい。

ここから未来に繋がる線が生まれる。

ビフォアアフタ

撮影後、体重が70kgぴったりに。
2週間で約2kg減。

CM撮影は1日で3kg落ちてたのにな。
まぁ今回はつまみ食い度高かったから上出来だろ。
とりあえず編集中は現状キープ。

25歳過ぎてから短期間で太ると成人病になると聞く。
1年間は短期ではないが、10kg増はヤバイだろ。
早く元に戻さなきゃ。
服もなければ女もできん。

そんな意味では、8月に撮影があってもいいかなと思う。
ガツンと減るよ。
体にいいとは思えんが。

長い一日→下北沢

日曜日は出勤だった。

その日分の編集作業が朝10時から始まり、月曜3時に終わる。
17時間。うひー。
会社に戻り、片づけや重要各所に渡す用のテープの作成。
4時30分に一段落した際にオチる。

1時間30分後の月曜6時にふと目が覚める。
無意識のうちにイスを3つ並べて、寝ていたのだが、
目を開けると、別番組チームがすぐ隣で撮影をしていた。

役者がいてスタッフがいる。
カメラが回っている。

物音たてることも許されない撮影本番中、俺はすぐ横で寝ていた。
ドラマや映画だったら有り得ない。
大がかりな撮影じゃないから許されたけど。
格好悪いというか、すごくバカっぽい。
寝っ屁とかしてないだろうな。大丈夫かな。
たぶん音の問題でエアコン切ってたから暑くて目が覚めたんだろうな。
決して場の空気が睡眠中の俺様に届いた訳ではあるまい。

さすがにその場で寝続ける勇気はなく、
他の部屋に逃げる。
惰眠を貪ろうと、意識的にイスを並べていると、先輩から電話が。
トラブル発生。
処理が終わったのが8時。
今度は無意識のうちにイスを3つ並べて、睡眠を。

10時に起きて「月曜日」のお仕事開始。
撮影も終わり、いろいろなスタッフが挨拶にきた。

あるスタッフに映画「バタフライ・エフェクト」を勧められる。
予告は見て興味をあまり持たなかった作品だったけれど、
彼の話を聞いていると是非とも見たくなる。
 バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
女性上司たちは映画をあまり見ない人たちなので、
こうして外部スタッフの若い人たちと映画の話をできるのは楽しい。
そして、自分の映画に対する価値観をある意味肯定してもらえる。
会えなくなるのがちょっと寂しい。

本日最後の仕事で、21時に下北沢を訪れる。
この時間の下北沢はダメね。
仕事で来る時間ではない。
みんな楽しそうに酒を飲んでる。語っている。
若者たちのエネルギーが溢れている。

せっかく来たのだから、その一滴でももらって帰れば
今後の自分のために、モノ作りにいい影響を与えるだろうに、
業務終わってすぐ撤収。
体力的にも、若者のエネルギーを背負って帰る余裕はない。

帰りの電車のなか、下北沢で見かけた若者たちのことを思い出す。
自分にもあった(と思われる)あの輝いた時間。あのエネルギー。
俺のなかから何故なくなってしまったのか、考えてしまう。

半休

今日は半休だったので、ゆっくり休めました。

1;30から会社のイスで11時(!)まで寝て、
PCのケータイメモリのバックアップ用ソフトを買ってから家に帰り、
14:30から19時(!!)まで再び寝てやりました。
おかげさまで元気モリモリです。

ドキドキしながら寝る(寝てしまう)生活に慣れていたので、
布団で眠ると逆に寝づらい。
気持ち良すぎて、大事なことすべて忘れてしまいそうだ。
そのまま起きなさそうだ。

明日から編集作業でまた追い込まれます。
先ほど、昨日の作業にミスがあったと気づきました。やべー。
どうにかして誰にもバレないように処理できないものか…。

その灯は、俺の身体を焦がすと分かっているのに、

もう何度もこの身は焼かれたのに、

蛾のように、蝋燭の灯に向かってしまう。



元カノに連絡してしまいました。
6月14日。これがもう1つのネタ。
彼女の声を聞き、浮かれてしまいました。
今の仕事が落ち着いたら会うかもしれない。

その灯は、声を聞く限り、時間を経て更にその輝きを増していて
灯台の下に、きっとたくさんの死骸が転がっているんだろう。

TV-CF発注。

今日、TV-CF時代のプロデューサーから電話が。

仕事の発注だった。
今は会社に所属しているので断る。

俺にやってほしいと。
俺の力が必要だと。

俺を乗せるためのお世辞だとしても、嬉しいものだ。
今の会社での己の失敗ぶりをみると、
CMに戻ったほうがいいかもしれない。
自分が評価を得る分野で、業界で、
頑張ったほうがいいのかもしれない。

もう断っちゃったけど、
もう断っちゃったからこそ、
悩んじゃうね。

6月初

昨日、約半月ぶりに家に帰りました。
俺のベッドの上に愛犬のオモチャが散乱。
すっかり彼女のくつろぎスペースになっていたようです。

今日も帰れそうですが、
睡眠時間が1~2時間なので、
嵐が過ぎ去るまで書き込みは少ないです。

2件だけ報告。
カレンダー
05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。