スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガメガあぷり

最近、新しいケータイが欲しくてたまらない。
ケータイのパンフレットを見てニヤニヤ、そんな毎日。

ケータイでflashコンテンツを見たい。
自分でケータイ用モバイルコンテンツを作っているから。
己のケータイでも確認したい。

2メガピクセルのカメラもいい。
やっぱ綺麗な画質でモブログしたい。
今のじゃ霞んでしまうんだもん。

テレビの録画機能にも憧れる。
最大60分録画可能、ということは、
連ドラが1話入るではないか。
通勤時間も1時間弱。
もし見れたら、時間の節約になるのではないか。
ケータイ向け地上波デジタル放送も
来年3月27日に始まることだし。


だがね、商売、上手いことできてんだ。
メガアプリの最新機種と
テレビ録画機能のついてる機種は、異なる。
どっちを買おうか?
2メガピクセルのカメラが付いて
テレビREC機能が付いて
2万5000円は安いのかも。
でも所詮はオマケ機能。
画角だってうまく決められない。
地下鉄乗ったらテレビ機能が働かない。
そんなオマケにその金額は高いと思ってしまう貧乏性。
会話機能自体に支障はない現状、
「まだいいか」なんて思っちゃう。

メガピクセルカメラ付いて、
テレビ視聴ができるケータイが出るのを待ったほうがいいんじゃないか?
そして、その機種が1万円以下で買えるまで待ったほうがいいんじゃないか?
って、いつになるんじゃー。
スポンサーサイト

REP319

ココを見ようとしたら、
「5/27 23:30 このページはボーダフォン携帯電話では表示できません。(REP319)」

んなわけあるか。
今まで半年間、表示されてきたんだ。
livedoorブログが全て見れなくなっている。

電車愚痴。

今日はね、
利用してる横須賀線が40分遅れてたの。
だから途中まで地下鉄で帰ることにしたんだ。
同じ考えの人たちが他にもいたのか、
地下鉄はかなり混んでいた。
ある駅でJRと同じ駅に停まるんだけど、
今度は総武線が遅れてるらしく、
JRの乗客様が乗り換えるのを待つことになったよ。
4分ほど遅れて、俺が乗り換える駅に着いたのね。
私鉄は俺達を待っててはくれなかったよ。
定刻通りに出発してた。
1分、間に合わなかったんだ。
しょうがないので、次の最終電車を待ちました。
15分間。

そしたらね、
その終電が、出発駅で総武線の乗客様を待ってるらしく、
5分遅れで到着したんだ。
結局、その駅でトータル20分待っちゃった。

JR>地下鉄メトロ
私鉄、遅れる地下鉄メトロを無視して出発
JR>私鉄

地下鉄を待ってて欲しかったな、私鉄さん。
俺、毎日電車の遅延に巻き込まれてるよ。
毎回終電がらみだよ。
今日は遅れた路線を避けたのに、別の遅延に巻きこまれて、
そんな俺を私鉄は待ってくれなかったのに、
その私鉄はJRを待ち、俺を待たせた。

頼みますよぅ。
寝せてくれよぅ。

めぐりあい、タクシー。

何人かのスタッフの家に届け物をすることに。
夜の8時から港区・目黒区・世田谷区、
都内計5ヶ所を回ることに。
雨も強かったし、時間もなかったのでタクシーを利用。

運転手さんに行き先を言うも、なかなか見つからない。
いざ見つかってみると、先輩がスタッフから聞いたマンション名が違ってた。
「このマンションなら、名前が分かってればすぐ来れましたよ。
番地調べたりしなくても」
運転手さんは言う。

確かに彼は目黒区の裏道に詳しかった。
だが、名前だけで住所が分かるような
有名なマンションには見えない。
彼のちょっとしたプライドなのだろう、
と軽く聞き流して、荷物を渡しに行く。

無事、受け渡しが終わっり、タクシーに戻る。
目黒駅に戻ってくれ、と運転手さんに言うと、
彼が言った。

「今、ちょうど見えたんですが、●号室に行かれませんでした?」
「ええ。それが何か?」
「●号室って▲▲さんの家でしょう?
私よくお迎えに上がるんですよ」

マシで!?

こんな偶然ってあるんだ。
都内に何千台とあるタクシーのなかで、
ある運転手さんを仲介に別の客同士が繋がれる。
この確率はどれくらいなのだろう。
俺はとてもとてもテンションが上がった。
お祭り気分になってしまった。
運命祭。

一気に運転手さんと打ち解けて
色々と話をしてしまい、
▲▲さんのいないところで、▲▲さんの話。
結局、電車で行くつもりだった別のスタッフの所も
彼に回ってもらった。
とても素敵な時間であった。

また、最後の届け先は下北沢で、
これは電車で行ったのだが、道に迷い、
夜遅くにナウでヤングな若者あふれる下北沢をさまよう俺を
交番のおじさんが助けてくれた。
雨のなか道案内をしてくれた。

今日は仕事含め素敵な一日だったな。
最後の人身事故を除いては。

人身事故現場

新宿で中央線が人身事故。
いつもと違うのは、俺がいる駅で事故が起こったということ。
怪我をした人が運ばれていた。

最近ホント鉄道関係の事故が目につく。

遅延電車男。

昨日、今日と仕事であちこちに行った。

豪徳寺に行こうとすれば、千代田線が遅れる。
直帰しようとすれば、小田急線が遅れる。
水曜日も地元の私鉄、遅れたろ。

やる気がなくなる。
こんなことで、生きる気力がなくなる。

今、鉄道会社各社が運転に慎重なのは分かるけど、
都内で1日に遅延する路線は何本あるんだろ。
利用しようとした路線が遅れているという状況に
遭遇する確率はどれくらいあるのだろう。

ただの被害妄想だと確認したい。
都内の路線の遅延状況を記録したブログがあれば
ぜひとも拝見したいものだ。
ただ、更新するモチベーションを維持するのが
大変なブログだろうが。
需要はものすごく低いブログだろうが。

ただの被害妄想だと確認したい。

メール from 元カノ

今週、前の仕事が一段落した。
その件で、元カノさんからメールが来た。

3月に別れてから1回やりとりしただけ。
俺の仕事が今週に一段落することを覚えててくれたんだ。

嬉しいけれど、彼女が何を考えてるのか分からない。
「それ以上近づいたら警察呼ぶからね」
なんて言って、女性用トイレに逃げこんだ彼女。
今、俺に何を求めてる?

放っておいてくれたほうが
俺のタメになるんですが。

寝坊。

今日は寝坊しました。

この歳にもなって。
先輩に叱られる。
当然だ。
昨日も遅刻気味だったろ。
電車が遅れてくれたからいいものの。
前の仕事が一段落して、
気が抜けてんだ、きっと。
もの思いに耽ってる場合じゃない。

以後、気を付けるように。

ルービックキューブな世界のなかで。

仕事の用事で、昔、働いていた会社の近くに行った。

当時は何気ない風景の一部だった建物。
今では大事な仕事先の建物として認識してる。

世界はただ地平線上に広がっているものではなくて、
幾層にも重なり合いながら広がっているんだな。

俺が見ている世界。
他人が見ている世界。
それが重なり合ったところを現実と呼ぶんだろう。


渋谷の、あの狂ったようなヒトゴミ。
もしかしたら、すぐ近くに昔の彼女がいたかもしれない。
学生時代の先生がいたかもしれない。
俺のケー番と、もしくは友人のケー番と
1桁違いの人間がいたかもしれない。
お互い気付かずに、お互い別の目的を持って、
お互い違う環境のなか、お互い過去のことを思い出すことなく、
すれ違ってるかもしれない。

重なり合わなかった部分は、
現実とは呼ばれずに消えてしまう。
事実とは認識されずに消えてしまう。
今までに消えてしまった現実は何回あったのだろう。
これから何回あるのだろう。


そんなことを(仕事中に)しんみりと考えてた。
一方で、こんな俺ってばロマンチスト♪
と(仕事中に)考えてた。

そんななか、今度は今の職場の近くで
前の会社の先輩に会った!
う~ん。
世界は本当に狭い。
これまでに出会った人たちの多くは
まだ何処かで生きている。
ただ重なり合わないだけ。
哀しいけれど、ちょっと素敵。

いつかまた、最終回にでも会えるといいな。

充実感→やる気

今日は朝から大変でした。
しかし仕事の苦労が報われる日でもあります。
今日みたいな日が毎日あればいいな。
って、そしたら死んじゃうぜ。

いつもと違う仕事。
いつもと違うスタッフ。
皆、担当は違くても、それぞれの持ち場で頑張ってる。
必死にやってる。
責任を果たしてる。
それを見るのは不安になるが刺激にもなる。

気になるあの子(K)が他部署の上司に呼ばれてた。
異動?

来月は忙しいな。

2004年度 高額納税者

<高額納税者>華道家の假屋崎さん、「爆笑問題」も上位に

 国税庁が16日、全国で公示した04年分の高額納税者について、毎日新聞は各界別の上位10人をまとめた。
「常連」の名前の中に、テレビで活躍する華道家の假屋崎省吾さん(46)や「爆笑問題」のコンビら、新顔が登場した。【立山清也、川上晃弘】

 ■俳優・タレント
 多くのレギュラー番組で司会を務めるみのもんたさん(60)が2年連続のトップ。
 「爆笑問題」の太田光さん(40)、田中裕二さん(40)の2人が初のランク入りを果たし、常連の「とんねるず」「ダウンタウン」とともに、お笑いタレントが上位に入った。

【俳優・タレント】  所得税額
1(1)みのもんた    20,101
2(―)中居 正広    18,745
    (SMAP)
3(2)石橋 貴明    15,291
    (とんねるず)
4(5)木梨 憲武    13,505
5(3)浜田 雅功    12,528
    (ダウンタウン)
6(7)中村 玉緒    10,794
7(4)松本 人志    10,738
8(―)太田  光    10,639
    (爆笑問題)
9(―)田中 裕二    10,176
10(9)木村  拓哉    9803
 ※所得税額の単位は万円。カッコ内は前年順位で(-)は11位以下。名前は芸名やペンネームで敬称略。

 ■プロスポーツ
 「ハッスル!ハッスル!」のプロレスラー、小川直也選手(37)が初登場。
 プロ野球で日本人最高年俸の横浜・佐々木主浩投手(37)が1位だ。
 米男子プロゴルフツアーのバイロン・ネルソン選手権で6位の丸山茂樹選手(35)は「がんばった結果だと思います」と胸を張った。

【プロスポーツ】   所得税額
1(―)佐々木主浩(野球) 23,879
2(1)清原 和博(野球) 16,995
3(8)上原 浩治(野球) 14,876
4(―)小笠原道大(野球) 14,377
5(2)中村 紀洋(野球) 14,119
6(―)城島 健司(野球) 13,800
7(―)小川直也(プロレス)13,780
8(6)丸山 茂樹(ゴルフ)13,769
9(―)立浪 和義(野球) 12,400
10(―)松中 信彦(野球) 11,581

 ■作家
 西村京太郎さん(74)が7年連続でトップ。ヒット映画の原作「いま、会いにゆきます」の市川拓司さんが初めてランク入りし「なかなかそういう実感がないのですが…」と困惑のコメント。

【作家】       所得税額
1(1)西村京太郎    14,887
2(6)片山 恭一    14,209
3(5)村上 春樹    8,690
4(3)養老 孟司    8,649
5(7)浅田 次郎    7,506
6(2)内田 康夫    6,745
7(4)宮部みゆき    6,344
8(8)赤川 次郎    5,895
9(―)江國 香織    5,860
10(―)市川 拓司    5,654

 ■歌手
 上位100人で75位の宇多田ヒカルさん(22)が、初のベストアルバム発売やCM出演などでトップ。
 B’zの稲葉浩志さん(40)と松本孝弘さん(44)は順位を下げたが、7年連続でそろってランクイン。
 浜崎あゆみさん(26)も5年連続でランク入りした。

【歌手】       所得税額
1(4)宇多田ヒカル    36,595
2(1)稲葉 浩志(B’z)17,577
3(5)矢沢 永吉     17,042
4(2)浜崎あゆみ     13,785
5(3)松本 孝弘(B’z)12,913
6(6)桑田 佳祐     11,906
7(8)桜井 和寿     11,417
   (Mr.Children)
8(―)長渕  剛     10,584
9(10)藤井フミヤ     10,193
10(―)北島 三郎      9445

 ■国会議員
 1位の大久保勉氏(参院・民主)は、当選前に勤務していた米系投資銀行の給与と退職金が所得のメインで「国会議員として税金の無駄遣いはしっかり監視していく」

【政治家】       所得税額
1(―)大久保 勉 参・民主 6,450
2(2)松本  龍 衆・民主 3,499
3(―)石田 勝之 衆・民主 2,672
4(10)河野 洋平 衆・無所属2,621
5(5)堀内 光雄 衆・自民 2,265
6(7)中原  爽 参・自民 2,120
7(―)河本 三郎 衆・自民 1,998
8(―)中村 博彦 参・自民 1,914
9(6)仲村 正治 衆・自民 1,885
10(―)中村正三郎 衆・自民 1,693

 ■その他
 9位の岸本斉史さん(30)は初登場。
 99年9月から「週刊少年ジャンプ」で「NARUTO―ナルト―」を連載中で、これまでに単行本は5000万部を突破、映画も公開された。
 新顔の假屋崎省吾さん(46)は、華道家としての仕事以外にテレビ番組でも活躍。
「正月とお盆の1日ずつしか休まず働いてきた。本当に感謝、感謝です」とコメントした。

【その他】       所得税額
1(―)平山 郁夫(日本画家)16,883
2(3)高橋留美子(漫画家) 14,271
3(―)大川 隆法(宗教家) 14,160
4(4)千  玄室(茶道家) 14,087
5(5)青山 剛昌(漫画家) 13,831
6(―)假屋崎省吾(華道家) 13,419
7(8)秋元  康(作詞家) 13,407
8(1)千  宗室(茶道家元)12,466
9(―)岸本 斉史(漫画家) 11,269
10(6)つんく        11,268
   (音楽プロデューサー)
(毎日新聞) - 5月16日22時51分更新

04年分の高額納税者

ライブドア・ポイントが!

ありがとうございます。
ライブドア・ポイントが34ptになりました。

学習能力皆無の俺。
この1ヶ月で成長したのは、ライブドア・ポイントだけだと思われる。

コメントをしてくれた
恋する魚のちえ様
わわなわんなわーのwawa様
かふぇおれのKEIKO様
真夏の吟遊庵の吟遊様
そして輝石革命☆のみづき様

ありがとうございます。
俺が今日も浮かれていられるのは皆様のおかげです。


そろそろ元のデザインに戻そうと思っていたのですが、
気分的にはこんな感じなので。デザイン変更。

TV業界人、CM業界人、そして映像業界人。

テレビとCM、
両方の業界を経験して、思うこと。

テレビ業界の人間は、CM業界の人間を馬鹿にしている。
CMなんて所詮はオマケなんだと。
視聴者は番組が見たいんだと。

一方、CM業界の人間は、
テレビ業界の人間を馬鹿にしている。
所詮、ビデオじゃねえか。
こちとらフィルムじゃい。
絵がうすっぺらなんだよ。
なぜああいったドラマを作るのかと。
あと、CMじゃない、TV-CFだと。

勿論、このように考えていないスタッフもたくさんいると思う。
でも、俺が両方の業界で経験があると知ると、
たいていの人間は相対する業界に否定的な発言をする。


また、CMはディレクター、クリエイティブ・ディレクターが
30代を中心にした若い世代であるのに対して
TV(特にドラマ)は演出、プロデューサーともに
40~50代という世代の違いがある。

そして、両者と映画業界の間にも、意識の違いがある。
フレーム(画面)にスポンサーの競合相手の
商品・看板が写ることが絶対NGな前者と
スポンサー問題に対して甘い後者。

自分は直接関わったことはないが、
アーティストのPVもまた仕事のスタイルが違うと聞く。

映像業界と一括りできないくらい
TV番組制作、CM制作、映画製作は違う意識の下で行われている。

たまにはこんな話も。

3回目の暴力とMとS。

殴る で思い出したんですが、
俺はこれまでの人生で
2回、他人に手を挙げている。

1回目は小学生の頃。
自分の前世は偉大な人物(誰か忘れた)だと言い張る友人に
その証拠を見せろと詰め寄るうちにケンカになり、
その友人を殴ったのだ。
原因はとても些細なことだが、
人生で2、3回しか鼻血を出したことがない俺が、
彼に殴られて鼻血を出したので、よく覚えている。

2回目は去年。
相手は元カノさんである。

彼女が精神的にSであることは明白なのに、
自分はMだ、Mだと言う。
「そんなことも分からないなんて、○○さん
(年齢は8つ離れているので一応敬語)
やっぱりワタシのこと分かってないのネ」
なんてことを、彼女が言うものだから、
あるとき、彼女の素肌のオシリを叩いたのです。
Mな人間は、Hしてるときにオシリを叩かれると快楽を得る。
そんなヘンな予備知識があったので、
良かれと思ったのです。

バシーーーン!!

若さもあってか、彼女の張りのあるオシリは
とてもいい音を鳴らした。
しかし、彼女は快楽を与えてくれたことを感謝するどころか、
その音に身震いしている俺に対して、蹴りを放った。

そして「今度そんなことしたら別れるからね」と言った。
犬の躾をするときのような、
自分と犬、その立場の違いをしっかりと植え付けるような
そんな怒りかたであった。

なんだヤッパリSじゃないかよ、と思いつつ
スイマセンでしたと謝ったのを覚えている。

あの頃から既に主導権は元カノさんにあったのだな。
そんなことをふと思い出しました。

ゴーン。

upstairs

スタッフとのコミュニケーションは取れていると感じる。
これだけが気持ちの支え。

だが、今の自分の立場に焦りを感じる。
もう若くはないんだ。
成果を出さなきゃいけないんだ。
もうこの年なら自分の昇っている階段が
どこにつながっているのか、知ってなくてはいけないんだ。

何にでもなれる、と思っていた頃とは違う。
今の自分なら何なれるのか?
そのなかで、どれならば満足なのか。
妥協点を見つけるのも、今の俺には必要だ。
かつて得た名声も意味はない。
地球は回り続けてる。

新しい才能が生まれ、若き世代が輝き始める。
そして、俺はその間にも老いてゆく。

何故あのとき、この道を選んだのか。
それは可能性があったから。
将来、輝いた自分でいたかったから。
将来、同じ匂いのする仲間といたかったから。
俺ならできると思ったから。

はいつくばれ。
本当に好きならば。

俺には向いていないと認めるならば、
ココを去ることも負けではない。

別の道を考えるのも、それもまたアリ。
人生、結果論ではないけれど、
苦痛が人生そのものを歪めてしまうのならば、
逃げだとしてもありじゃないか。

どうする。
俺の人生。
今はまだ失うものはないはずだ。

失踪と失敗

昨日、俺の今回の仕事の立ち位置が確定。
その初日。

モロモロの書類申請。
いろいろ忘れてるね。
初めてのことも多かった。

昨日失踪した新人君が無事に出社。

文章をきちんと読むこと。
見過ごしが多い。
気をつけなきゃ。
信頼されないぞ。

コミュニケーションはよく取れた日。

今週休みなしだな。

そして、ネクスト・ステージへ

なんか臭い、臭いと思っていたら、
臭いの源は、自分の足でした。

以前、仕事を始めてから足が臭くなったと書いたけれど、
今日はそんなこと言えないくらい臭い。
言うのが恥ずかしいくらいに臭い。

異臭ですよ、コレは。

今までは一般的な「足から発せられる臭い」匂い。
本日は、そこに「俺」という個性が加わった匂い。
なんか酸っぱいんだ。

俺の足はネクスト・ステージへ。


この足の臭い、女性上司たちが気付いてないわけがない。
でも、何も言ってこないんだ。
実は結構、いい奴らなのかも。

殴る。その衝動。

今日、初めて弟を殴りました。


俺には7歳離れた弟がいます。
エロサイトの見すぎで、
ケータイの通話料が月10万円を越えた(リンク)あの弟です。

彼は次男坊にありがちな自己チュウの傾向があります。
よく言えば、他人の目を気にしない自由な人間。
彼のような人間の方が、人生をより楽しめると思います。
悪く言えば、他人の迷惑を考えられない、
社会という組織の中で生きるには失格な人間。

彼は大声で歌を歌います。
どれくらいの音量かと言うと、
平凡な住宅地にある我が家で、夜に歌った場合、
4軒先にある家の住人から苦情がきます。
窓を閉めるなど、彼はしないのです。
あまり上手くはありません。
どれくらいのレベルかと言うと、
彼が歌を歌うと、隣の犬が吠えたりします。

何度となく苦情が来たにも関わらず、
彼は歌うのを止めないのです。
俺はこれまで100回は叱りました。
ここ1年は、歌うのを止められないのならしょうがない。
周囲の人にかける迷惑が少なくなるように、
「日中に歌う」という条例がボヘミアン家内で制定されました。

それでも彼は、今年始め、夜中2時に歌うというテロを起こしたのです。
俺が「夜中2時に歌った」理由を問うと、
「歌いたいという衝動を抑えられなかったんだ」という
成人式を迎える人間が言うには、
あまりにも不適当な理由を述べました。

そのとき、夜中に住宅地で歌うことが、
どれだけ迷惑なことなのか、
皆がお前のような自堕落な学生生活を送っていると思うなと、
皆さん、夜は寝て、朝起きる生活をしているんだと、
仕事で疲れた体を癒したいんだと、
過去再三、言ってきたことを改めて彼に伝えました。

しかしです。
今日、彼は朝5時30分に歌ったのです。
また大声で。
彼の歌声で目覚めたのがその時間なので、
彼はもっと前から歌っていたのかもしれません。
我が家の壁が薄いのかもしれません。
気にせず寝てしまえばいいのかもしれません。
仕事では床で寝たり、
イビキのうるさいスタッフがいても、
平気で寝れるのですから。

でも、俺は彼の部屋のドアを蹴り開けて、
驚いている彼の右頬を
利き手で思い切り殴りました。
成人としては通用しない理由を聞き、
もう一度、同じ力で殴りました。

今、考えても、何故あのとき手が出たのか、分かりません。
寝起きにも関わらず、怒鳴ったりフルパワーで殴ったり、
テンションがそこまで上がったのか、分かりません。
愛のムチでは間違いなくありません。
俺の感情のみ、怒りのみでした。

人が人を殺してしまうのは、
今朝の俺の行動のそう遠くない延長線上にあるのだと思います。
自分が他人を殺すなんて、有り得ないことだと思っていましたが、
充分に起こり得ることなんだと思い知らされました。

こんな長い文章を読んでくれて、ありがとうございました。

プライベート妄想狂。

問題はプライベート。

仕事による充実感からなのか、
早く帰れたからなのか、
街ゆく女が皆、綺麗だった。

俺は普段、通勤途中には
雑誌を読んで「今、世間で人気のあるもの」を探すか、
新刊小説・漫画から、映像化できる作品を探すか、
そんなことを仕事の延長としてしている。

なのに、今日は何かを読むでもなく、
ブログを書くでもなく、
妄想をしていた。

ある有名女優との恋。


確かに彼女たちと仕事をする機会は多い。
「もしかしたら…」そんな確率は、
普通のお仕事をされている人よりは大きいかもしれない。
淡い夢を抱ける。
それが、この職業が他業種と比べて、
唯一優れている点かもしれない。
だが、そんな淡い希望が叶うなんてことは、まずないのだ。

けれども、俺は妄想した。

撮影休憩中、ブログを始めたいと言う「彼女」に、
作るブログ全てが大人気というカリスマ・ブロガーの「俺」が、
ブログのいろはを教えるところから
2人の仲が急接近。

そんなありとあらゆる偶然を織り交ぜて作ったラブ・ストーリー。

小道具としてブログが出てくる所がちょいリアル。

電車内の女性を見渡しながら、
俺の「恋」の展開はクライマックスを迎える。

芸能人と貧乏人。
華やかな舞台で輝く人間と
彼らが光り輝くために、舞台の下で肥やしとなる人間。
身分の差から身を引こうとする「俺」。
富・名声なんかが欲しいわけじゃない、
アナタに、アナタにそばに居てほしいの。
そう泣きじゃくる「彼女」。
彼女と釣り合う人間になるために、
成功しようと必死で頑張る「俺」
そばにいてやれず、彼女にツライ思いをさせてしまう「俺」。

2人の恋の結末はいかに!?
続きはCMのあとで!!
なんて局面で、「俺」はふと、我に気付くのだ。

ううん。
俺、●●(有名女優)さんと会ったことないよ。
話したことも、見たことすらない。

‘…全テハ、タダノ妄想ダ…’

虚しくなるよ。
27歳にもなって、安らぎが芸能人との恋愛の妄想だなんて。
そこにしか、光りを見出だせないなんて。

今日はお仕事頑張ったのに、
その1日の終わりが、そんな現実味ゼロの妄想だなんて。

死んでしまえ。

仕事は充実

今日は編集の日。

撮影よりも編集が好き。
SceneとSceneの間に意味が生まれる瞬間が好き。

俺の繋いだ映像が世に流れる。
その喜び。

繋がれた映像が意味を持つ。
初見の人は何思う?
その不安。

その狭間で俺は気持ちが良くなってゆく。


今日は別件だが、局のデスクに頼られてしまった。
一人前として扱われる嬉しさ。

別番組のベテラン・ディレクターと
密度の濃いやりとりをしてしまった。

新番組の局Pと楽しい会話をしてしまった。
上司の機嫌が良かった。

何より編集を無事にやり遂げたことによる充実感。

今日は仕事に関して、いい1日であった。

GW最後の1日

昨日はまた12時間も寝てしまった。
学習能力、皆無だね。
結局、夜は寝ずに出勤です。

いよいよ忙しくなりそうだし、
夏前最後の休日ってことで、
昨日の自分を許してあげよう。

今日は、一般職の女の子のGW満喫話を聞く1日になるのだろうな。

水溜まり

午後からすっかり晴れてました。
気持ちいい風が吹いてるので、気分出ませんが雨の話。

昨日は雨が強かった。
整備が甘い実家近くは、道路に巨大な水溜まりができていて、
車が通る度に水しぶきを上がっていた。

俺が歩道を歩いていたら、
ある1台の車が、俺に水しぶきがかからないように、
中央線を越えて走っていった。
そして、後続車も水溜まりを避けて走っていった。
それがとても嬉しかったんだ。

歩行車がいるときは徐行するように、
と教習所で教わるが、守らないニンゲンが多い。
自分だって水しぶきが上がってから、
水溜まりの巨大さに気付くことが多いし。
車で走ってると、たくさんの歩行車とすれ違う。
その一人一人に水しぶきがかからないように気を使うのは、
当たり前のことなのに、難しい。

俺のために水溜まりを避けて走った車。

「この世もまだまだ捨てたモンじゃないね」
と、どしゃ降りのなか思ってしまいました。
これが昨日、寝ぼけながら書きたかったこと。

こんなことでイチイチ感動するのは、
俺が非常識なニンゲンだからか、
普段ロクな目に遭ってないか、
そのどちらかだけど。

単純計算はアテにならん

おはようございます。

同じ日記が2回載ってますね。すみません。
カテゴリー別に分類しやすくなるように、
日記を分けて書くつもりだったんです。
(↑やっと気付いた)

だけど、書いてる途中に睡魔に襲われ、オチてしまいました。
なぜ、書き途中ではなく、前の日記を送信したのか、分かりません。

確かなのは、0時5分から0時15分の間にオチたこと。

やらなきゃいけないことがあるのに、
呑気にオチてしまったということ。

3時に突然目が覚め、清々しい気分であったのに、
「単純計算で、また寝ても6時に起きるだろう」と
寝て起きたら9時だったこと。

ナイナイ岡村さんと旅行先の名古屋で会う夢を見たこと。
夢のなかでは何度も会っているらしいこと。

会社のエビちゃん(♀・仮名)が夢に出てきたこと。

やらなきゃいけないことを、本来5時間かかるところを
2時間で片付けたこと。
「人間やればできるものだなぁ」と
自分の必死力に感心するとともに、
2時間で仕上げたものが、果たして上司様のお気に召すのかということ。

ここ2週間、単純計算に頼る生活をして、失敗ばかりしております。
でも、まだ懲りない。
それはきっとロケや編集などの切羽詰まった生活ではないから。

今から仕事です。
昨日、寝ぼけながらも書きたかったこと、
夕方にでも更新します~。

ししゃのじかん

今日は試写会。

いよいよオンエアが迫っていますよぅ。
局のしかるべき場所で厳かに行われる試写会。
ヒトラー(リンク)さんが可愛い果汁ジュースを頼んだのが面白かった。
狙ったの?
狙いだったの?
ヒトラーさん!?
リアクション取れなくてゴメンナサイ。

無事に終わって良かった。
皆さん心なしか清々しい笑顔。
素敵な空気だ。


中途新人H野さんは、いよいよ能力発揮。
あかん。
叶うわけない。
雑誌でインタビューされてるやん。
上司、それを大事にコピーしてるやん。

うがーっ。

<尼崎脱線事故>

脱線事故で家族失った小中学生24人、心のケア実施へ

↓元データなくなったとき用↓

<誤認逮捕>

<誤認逮捕>偽被害届けで男性会社員を 埼玉県警所沢署

一部の大人が、大人の信用をおとすようなことをしたせいなのか、
「少女」と「オヤジ」がいたら、「少女」の発言を信じちゃうわな。
俺もそうだろうな。

この会社員は無実が証明されたけれど、
無実の罪が立証されずに、「犯罪者」になってしまった人間はどれくらいいるのだろうか。

↓以下、元データなくなったとき用↓

GW3

今日は仕事休みだったんですが、
起きてびっくり。
夜8時。
16時間も寝てしまいました…。

服を買いに行ったり(独りで)
映画みたり(独りで)
いろいろしようと思っていたのに(独りで)
駄目人間っぷり炸裂です。

まぁ、独りなので誰かに迷惑をかけなかっただけでも、
良しとしますか。


今期連続ドラマでは、
「曲がり角の彼女」「anego」と
30代独身女性が主人公のドラマが2本あります。

そのドラマの影響か分かりませんが、
最近、孤独を感じることが多いです。

地元・高校・大学と、
それぞれで1番、仲の良かった人間が
着々と結婚に向かっております。
既に結婚した奴もいる。
そして、先月下旬に1歳下の従兄弟が結婚しました。

数年前までは、特に用事が無くとも自然に集まっていた仲間が
何か理由がなければ、会わないようになってきた。

自分に彼女がいるときは、
そのことに関して特に焦りはしないのですが、
元カノさんとの別れ以降、
「今後、自分は一生独りなのではないか?」
なんてことを考えてしまいます。

そして、タメの中途が入ってきたことで、
社内での自分の存在意義も危うくなってきました。

「これからも出会いはたくさんある」
「俺には様々な未来がある」
「好きなことを仕事にできるなんて最高だ」などと、
漠然とした未来に希望を持っていた新社会人ではもうない。
恋愛に関しても、仕事に関しても、
ある成果を出さなきゃいけない年齢なのだ、と
そして、今の自分にそれができているのかと考えると
ものすごく不安になります。

28歳の男がこんなこと考えるのだから、
30代の独身女性はもっといろいろと考えているのだろうな。

今日も、もし彼女がいたならば
過ごしやすい気温のなか、有意義で貴重な休日だったであろうに、

目覚ましをセットしていたにも関わらず、起きないで、
時計が8時を指しているのを見て、
「4時間しか寝てないのに、この爽快感はどうだ」とか
「8時でこの暗さとは、今日は天候が優れないのだな」とか
のんきに考えていた俺を殴ってやりたいです、ホント。

GW2

今日は休みのはずが仕事に。
友人と食事のはずがキャンセル。

渋谷。混んでたなぁ。
ヒト。ヒト。ヒト。
ハチ公前でスタッフと待ち合わせ。
隣には17歳の女の子。
仕事終わりにブックファーストをぶらぶら。
それからマンガ喫茶へ。
ネタ探しのつもりが、ほぼネット。
アフィリエイト。

明日は休めるといいな。

リンク追加(侍魂 変ドラ こ~こはど~この…)

リンクを追加しました。
サイトとブログを分けました。

1.「侍魂」
有名なので知ってる方も多いと思われる。

・ヒットマン事件簿
・傭兵の真実
・ヤングジャンプの大暴走

笑ったなぁ。


2.「変ドラ」

やっぱり俺も幼少の頃、ドラえもんを読んで育った。
そのドラえもんを扱ったサイト。

白ドラ
ラジコン大海戦~and Sunekichi the great cousin~
悪魔のパスポート

こういうドラえもんの楽しみ方もあるのだなぁと感じました。


上記2つは、学生時代にハマったサイト。
続いては、FLASHでムービーを作ろうと思って、
FLASH関連のページを見ていたら見つけたサイト。

3.「こ~こはど~この箱庭じゃ?」

俺もインターネットサイト作ろう、と思ったきっかけのサイト。
まあ結果として全然違うブログですが。

テレビ・映画と違って、「自分が参加できる」ホラー系エンターテインメント。

最初は「なんか変なページきちゃったな」って感じだったけど、
進むに連れて面白くなる。
ネタは途中で分かるけど、コワイです。

GW

今日は仕事。
天気がいいね。この3連休はずっといいそうだ。

いつもと同じ電車に乗る。
いつもなら座れるのに、
今日は連休を満喫する家族連れで混んでいる。
モノレールは激混みだ。
ほとんどの乗客が遊びに行くのだろう。

寂しいのう。
NEXT≫
カレンダー
04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

如実

Author:如実
俺の孤独が如実に表れます。

banar


カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
favorite
ブログ内検索
最近のトラックバック
RSSフィード

ブロとも申請フォーム
ブログ管理MENU(新)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。